社会の行方を読む本

未読・半読・一読の本 3 (180607)

最近,コーポレートガバナンスについての本を読み,派生してドラッカーにいき,更にこのWebに手を入れたりで,なかなか購入済みの本を読めないが,たまたまこの2,3日で,Kindleストアを検索していて,今後の社会がどうなるかについて書かれた(のであろう)「面白そうな本」を4冊見つけた。未読の本がたまっているので全部は購入はしていないが,落ち着き次第,購入して目を通してみたい。したがって現状はほとんど未読の本なので,この投稿は備忘という趣旨でとなる。

いずれもIT化,テクノロジー,グローバリゼーションを軸に,世界経済,社会,人間のこれからを考察した本であり,サンプル部分を読み,目次を一覧するだけでも興味深い。いずれもそこそこの値段がするが,Thank You for Being LateのKindle本だけは,1000円ちょっとである。

4冊は,以下のとおりである。

遅刻してくれて、ありがとう

遅刻してくれて、ありがとう(上) (下)常識が通じない時代の生き方 

著者:トーマス・フリードマン

原書

Thank You for Being Late: An Optimist’s Guide to Thriving in the Age of Accelerations  By Thomas L. Friedman

目次

Part1 熟考

1 遅刻してくれて,ありがとう

Part2 加速

2 2007年にいったいなにが起きたのか /3 ムーアの法則 /4 スーパーノバ /5市場 /6母なる自然

Part3 イノベーティング

7 とにかく速すぎる /8 AIをIAに変える /9 制御対混沌 /10 政治のメンターとしての母なる自然 /11 サイバースペースに神はいるか? /12 いつの日もミネソタを探して /13 故郷にふたたび帰れる(それに帰るべきだ)

Part4 根をおろす

14 ミネソタから世界へ,そして帰ってくる /〈その後〉それでも楽観主義者でいられる

シャルマの未来予測

シャルマの未来予測 これから成長する国 沈む国

著者: ルチル・シャルマ

原書

The Rise and Fall of Nations: Ten Rules of Change in the Post-Crisis World By Ruchir Sharma

目次

プロローグ ジャングルの奥地へ

序章 有為転変――国家の盛衰を見抜く10の評価基準

第1章 【人口構成】 生産年齢人口が増えているか――ロボットは人口減少への救世主になる

第2章 【政治】 政治サイクル――改革者はいつ俗物に変わるのか

第3章 【格差】 良い億万長者、悪い億万長者――お金持ちを見ればその国の将来が分かる

第4章 【政府介入】 国家による災い――政府の干渉が増えているか、減っているか

第5章 【地政学】 地理的なスイートスポット――地の利を最大限に活かしているか

第6章 【産業政策】 製造業第一主義――投資の対GDP比率は増えているか、減っているか

第7章 【インフレ】 物価上昇を侮るな――住宅価格の上昇率が経済成長率を上回り続けていないか

第8章 【通貨】 通貨安は天使か、悪魔か――経常収支赤字の対GDP比が3%以上、5年連続なら要警戒

第9章 【過剰債務】 禁断の債務バブル――債務の伸び率は経済成長率より高いか、低いか

第10章 【メディア】 「過剰な報道」の裏に道あり――メディアから見放された時が絶好のチャンス

第11章 優秀、平均、そして劣等――注目国の将来展望を格付けする

拡張の世紀

拡張の世紀―テクノロジーによる破壊と創造

著者:ブレット・キング

原書

Augmented: Life in The Smart Lane By Brett King

目次

序章 スマート化された生活

第1部 ディスラプションの250年

第1章 テクノロジーによるディスラプションの歴史 /第2章 「拡張」の時代 /第3章 姿を消すコンピューター /第4章 ロボットの優位性

第2部 スマート・ワールドの進化の仕方

第5章 Human 2.0/第6章 人間の「拡張」/第7章 ライフストリーム、エージェント、アバター、アドバイザー

第3部 「拡張」の時代

第8章 鉄道、航空機、自動車、住宅 /第9章 スマートバンキング、決済およびマネー /第10章 「拡張」世界における信頼とプライバシー /第11章 「拡張」都市とスマート市民 /第12章 新時代のエンゲージメント

世界経済 大いなる収斂

世界経済 大いなる収斂 ITがもたらす新次元のグローバリゼーション

著者:リチャード・ボールドウィン

原書

The Great Convergence  By Richard Baldwin

目次

序章

第1部 グローバリゼーションの長い歴史をざっと振り返る

第1章 人類の拡散と第一のバンドリング /第2章 蒸気革命とグローバリゼーションの第一のアンバンドリング /第3章 ICTとグローバリゼーションの第二のアンバンドリング

第2部 グローバリゼーションのナラティブを拡張する

第4章 グローバリゼーションの三段階制約論 /第5章 何が本当に新しいのか

第3部 グローバリゼーションの変化を読み解く

第6章 グローバリゼーション経済学の基礎 /第7章 グローバリゼーションのインパクトその変化を解き明かす

第4部 なぜそれが重要なのか

第8章 G7のグローバリゼーション政策を見直す /第9章 開発政策を見直す

第5部 未来を見据える

第10章 グローバリゼーションの未来

 

考えるべきこと2題

 

こういう本は楽しいのだが,ともすれば彼岸の話として「へえ-」で終わってしまうか,商売ネタにしようとスケベ根性を出してしまう。しかしIT化,テクノロジー,グローバリゼーションは,今後,しかももうすぐ,間違いなく私たち一人一人の生活・仕事・文化を直撃し,この国の企業と政府,さらには環境も直撃する。漠然と,社会,経済の問題と捉えるのではなく,生活,仕事,企業,政府,環境と,多面的に捉えたい。

せっかくアメリカの俊才が4冊もよりどりみどりで書いてくれているのだから,私たち個人と私たちが属する組織の問題として,いかに問題解決と創造に結び付けるかという観点で読まないともったいない。

ところでアメリカと言えば,トランプ氏の政治論は横に置くとして,貿易論はどうなっているのか。我が国も含めて政治家の奇想天外な言動に歯止めが掛からない。貿易については,最近出た「実証から学ぶ国際経済」が良さそうだ。これも追って紹介しよう。

「法律問題」の掲載が増えました

分野別法律問題の手引

「弁護士業務案内」の中に,皆さん,そして私自身のために,「分野別法律問題の手引」という項目を設けている。名前はいろいろと変えているのだが,なかなかぴったりしたものがない。

内容は単純で,その分野で参考になると思う,実務書,体系書を何点か選んで,その詳細目次を掲載したものである。その分野に関して解決したい法律問題がある場合に,これを見るなり,このサイトで検索するなりして,問題の所在を把握し,それから調査の範囲を拡大して法律問題解決への「手引」になればと思い,とりあえず作成したものである。全体を整理し,一覧して眺めるということは,それだけで意味があることだ。

一応掲載できた分野は,「IT・AI法務」,「企業法務」,「中小企業法務」,「会社法務・金融法務」,「医療機関の法務」,「行政法務」,「租税法務」,「著作権法務」,「航空法務」,「立法と法解釈を考える」,「法律判例の調査」(ただしこれは一部未修正)で,作成中は,「労働法務」,「国際法務」,「知財法務」である。

活用法をみつけたい

ただこれだけでは,あまりにも漠然として活用がむつかしいと思うので,今後,その分野のポイントとなるようなTipsを補っていきたいと思っている。それだけではいまいちだが,何かに取り組むと,いろいろなアイデアが浮かんでくるのは,間違いない。ITを活かす方法はないかなあ。

IT・AIの法律書を使う

IT・AIの法律書

IT・AI関係の法律書のうち,法律相談形式のもの,及び関係する事項について体系的に触れているもののうち,私の手許にあるものについて,その詳細目次を掲載しておきます。皆さんが直面している問題が,どういう位置づけになるのかを理解する参考にしていただければと思います。当該書を入手して更に理解を深めるか,理解,解決が難しそうなら私に相談していただくこともお勧めします。

「インターネット新時代の法律実務Q&A<第3版>」,「IoT・AIの法律と戦略」,「法律家・法務担当者のためのIT技術用語辞典」(作成中),「裁判例から考えるシステム開発紛争の法律実務」(作成中)を紹介します。

続きを読む “IT・AIの法律書を使う”

「かくも長き不在」のご挨拶

 

羽田空港から淡路町への移転の中での「かくも長き不在」

羽田空港の法律事務所を後にしたのが2月末。3月いっぱいは,移転したカクイ法律事務所での片付けと仕事の態勢づくりに追われ,さて4月になったので,これから新しいことに取り組もうと思っていたその第1日目である4月1日,中高時代の友人とイタリアンでこれからの人生について気炎をあげたその帰りの電車で,久しぶりに痛風の発作,しかも今までにない大発作に襲われてしまった。大きな痛みは3週間くらいで収まったものの,足や膝の小さな痛み,違和感は,2ヶ月くらい続いた。そこへ,膨大な時間を要する,某訴訟及び某市の議員サイドから依頼された条例作りの仕事が重なり,動きたくても動けない中での,実に悲惨な4月,5月となってしまった。

それでも少しずつ回復し,スポーツクラブのジャグジー(元は子供用プール)を歩くことから始め,土・日に散発的にしていた超超スロージョギングが再開できたのがつい10日前,でもまだ初心者コースであっても山歩きをする「勇気」はない(途中で,万が一歩けなくなると思うと…)。しかも痛みが取れてからも,思いどおりに動けない日が続いたので,体力そのものが落ちてしまい,筋トレもウォーキングもやる気がしない結果,直近の健康診断で,史上最高の,体重,腹囲を記録してしまった。早くもとの普通のメタボに戻りたい!

しかし徐々に事態は好転しつつある(に違いない。)。仕事は,もう大丈夫だ。山歩きも,もう少ししたらできるだろう。しかも,4歳になったばかりの最愛の孫娘から,最近「じいじは,すごい山に,どんどん登るんだって。」と言われたのだから,「山男大復活」しかない(こういう気負いが,よく「遭難」の原因となる。)。

これが今回のかくも長き不在の理由だ。でもよく考えると,WEB投稿の不在の理由にはならないような気がする

弁護士の仕事をしよう

3年前,羽田空港に法律事務所を設けたときは,以後は,ビジネスジェット機を利用した国際医療搬送事業の立ち上げに注力し,基本的にその範囲内で弁護士業務をしようと思っていたのだが,諸事情により「出発は遂に訪れず」。淡路町への事務所移転を契機に,新しい気持ちで弁護士業務に取り組む意気込みがわいてきたが,痛風で2ヶ月丸々頓挫したのは,上記のとおりである。

さて私が基本として取り組む仕事の分野は,会社法と行政法であり,応用分野として,知財法,IT・AI法,医事法,労働法,税法,環境法(含都市計画,廃棄物処理,FIT等),航空法等を視野に入れている(もちろん,普通の市民が遭遇する民事事件も,やります。)。

ここで正直に言うと,私はこれまで余り「法律」が好きでなかったので,国際医療搬送事業の立ち上げに関与しようと思ったのだが,この点は,淡路町に来て,大きく「転向」した。

その原因は,ひとつは,「法律」を「命令」というより承認による「ルール」だと考えると,法律自体の改革も視野に入れて,これを有効に利用,活用できるし,すべきだと今さらながら気がついたこと,もう一つは,某市の議員サイドから依頼された条例を一から書いて見て,法令の作成(立法)作業はなかなか面白いし,その適用を考えることは「ゲーム」だなと思ったことである。何と私は,深夜,スマホやタブレットの法令集で,今まで見たことも触ったこともない法令を読んで,その位置づけや意味を解析するのが誠に面白いと思うようになったのである。

要するに「法律」は,「ルール」に基づく「ゲーム」なのだ。

そうすると,今までできが悪くて見るのも嫌だと思っていた「会社法」や,どこに何が書いてあるのだか,膨大な法令の関係に途方に暮れていた「行政法」も,楽しくなってきた。その他の個別法も,解読するのが苦痛でなくなった。

ただ急いで言うと,今現在我が国で起案されつつある法令は,複雑で,非常に分かりにくいという傾向がどんどん加速されている。その原因であるが,ひとつは,「()書きの多用」によって,解読するのが極めて難解になっていること(起案する側からすると,勝手な指示ができる()書きは極めて便利である。),ふつめは,いくら長文(あるいは長文と短文の羅列)になろうと,「並びに,及び」,「又は,若しくは」を,法令執務に従って正確に表現しようとして日本語として見苦しくなっていること(これは慣れると,係り受け関係が分かりやすくなるが,文章を短くすればいいのである。),みっつめはもともとスッキリしていた法令に増改築を繰り返した結果,もとも構造が分からなくなってきていること等を指摘できる。

現在の複雑怪奇な法令の作成作業は,パソコンがあるからこそできるのであって,紙に鉛筆で書くのでは,到底できない。しかし,ヒトの「ルール」としては,紙に鉛筆で書いて作成できるぐらいの内容が,ちょうどよい。それ以上複雑になると,「評価」の基準にはなっても,日常生活で「履行」することは難しい。

私は,「ルール」に基づく「ゲーム」を,少しでも市民サイドに押し返すため,法律の平易化の方法を考え,提言していきたい。

これから

ヒトは,「生命」の進化の過程で生まれ,その「認知システム」を作り出したのも進化であり,さらにこれに乗っかっているヒトの特質ともいえる「言語」も同様である。「ルール」に基づく「ゲーム」を,演じているのはそういう(AIと対比される知能=認知システム,言語を有する)ヒトである。

私が4月1日からやろうとしていたのは,まさにそういう位置づけを持つヒトの「社会」の解析作業であったが,最近,「決断科学のすすめ」という本を入手した。これはまさに私がやろうとしていた作業の基礎的な部分のまとめを実に要領よくやってくれていて,びっくりだ。その内容の紹介は,別途するが,とにかく書名を上げておく。

もうひとつ,このようにかくも長き不在の後に言うのも何であるが,このWEBの「抜本的改革」をすることにした。要するに,Wordpress,comをWordpress,orgに移転しようと思うのだ。今後は多分,サーバーから始まって,愚痴の集積をお目にかけることになろう。できるかなあ。

 

事務所移転のご挨拶

弁護士 村本 道夫から

皆様におかれては、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

今般私は、カクイ法律事務所に参加させて頂くことになりました。同事務所を開設された石井邦尚弁護士(1999年弁護士登録)は、IT法務の最先端に位置する気鋭の弁護士であり、私も学ぶところ大の好青年(壮年?)です。

ところで私はここ6年余り、ビジネスジェット機を利用した国際医療搬送事業の立ち上げに主として法務面から力を尽くしてきましたが、事業をめぐって様々な暴風雨が吹き荒れ、島尾敏雄さんの小説になぞらえれば「出発は遂に訪れず」!

今後はこの経験,蓄積を活かし、通常の民事事件に加え、企業、行政、医療、航空等に関わる法務に「趣味」のAIと生命科学を視野に入れ、皆様のお役に立てる弁護士活動を行っていきたいと考えています。倍旧のご指導、ご鞭撻をお願い申し上げます。

弁護士 石井 邦尚から

この度、私どもの事務所に、村本道夫弁護士(1985年弁護士登録)に加わっていただくこととなりました。私は、村本弁護士とは、同じ案件を共同で受任したりする他、公職選挙法改正に関する研究提言、さらには家族での登山等々、10年以上前から公私にわたり様々な活動をご一緒させていただいてきました。今後はこれまで以上に協力して、より充実したリーガルサービスをご提供していく所存ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

カクイ法律事務所

〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2丁目4番 ユニオンビル4階

TEL:03-5298-2031  FAX:03-5298-2032

Web http://www.kakuilaw.jp/

とにかくめまぐるしい40日でした

何とか元気です

今直近の投稿記事を見てみると,1月20日に「今気になっていること2題」を投稿していて今日が3月2日だから,あっという間に40日がたってしまったことになる。

今回は今までのように投稿に飽きて嫌になったわけではなく,羽田空港で唯一のビジネスジェット機(BJ機)用の大型整備格納庫を所有し,私が今後法務・監査面から支援しようと準備していた会社の前代表者が,1月21日に事情があって辞任し,それからは私が事実上の代表者としてすべての関係者と面談して状況を把握し,事態の収拾と,そしてもっとも大変なのはこの会社はもっとも重要な収入源である格納庫利用料を徴収しておらず(したがって収入はほぼゼロである。),その中で一から事業計画を立てて計画書に落とし込み,資金繰りをして,事業を開始するという作業に没頭しなければならないことで,とにかくめまぐるしい40日だった。普通弁護士が「会社経営」に関与するのは,既に存在する事業体の不採算部門を整理し負債をカットして「会社再建」をするということだが,今回私に降りかかってきたのは,初期投資(10数億円)はあるものの,実質的にはいまだ事業が開始していない中での羽田空港で唯一のBJ機用の大型整備格納庫事業の「起動」「起業」だ。そのテイクオフの過程はまだ始まったばかりだが,とにかく2月末は乗り切ることができた。

よく考えて方針を決め的確に処理すべきことが本当に多くて,毎日,朝2時,3時に目を覚まして(というより,嫌でも目が覚めて)頭の中で「物事」をぐるぐる回して整理し,5時過ぎには家を出て会社(事務所)に向かうという日々が続いている。その代わり,夜は早い時間に一杯やって寝るという生活だが,ムウウー,1歳8ヶ月の孫娘が,飽きることなく1,2階の昇り降りの繰り返しに同行を求め,更に暗くなった1階の部屋の冒険に私を誘う。もちろん,断れない。かてて加えて,海外交渉に備えて寝ながら英会話の音声も聞いている。だから,……何とか元気です。

今後のこと1

BJ機は,エアラインと新幹線を利用すれば大抵の所に短時間で到着することのできる狭い日本の中では「隙間装置」といってよいだろうし,乗ったことのある人も少ないだろう。

しかし,日本と世界の緊急時の往来に,BJ機は必要不可欠である。

といっても,狭い日本からイメージするBJ機は,どうしても富裕層がさほど必要もないのに世界を飛び回るための贅沢品として利用するのではないかということになってしまう。そういう場合もあるし,それはそれで一つの活用方法だと思うが,BJ機で日本と世界を往来しなければならないのは,富裕層だけではない。

まず,世界を駆け回って次々と商談を進め決断をしなければならない企業のトップにとって必要不可欠だ。でもこれも何となくセレブ色が漂い,本当かなという思いもあって,反感を持つ人もいるだろう。

でも,海外で緊急に解決しなければならない問題が生じたり(例えば海外進出企業の現地従業員と日本のトップが緊急に話し合う必要がある場合や,海外で重大な技術的なトラブルが発生して緊急に技術者を派遣しなければならない場合等々),海外でトラブルに巻き込まれた人を緊急に救出しなければならない事態が生じることは(テロに巻き込まれたり政治情勢が激変したり,重大な病気でBJ機以外では移動できない場合等々)も稀ではない。

このような場合,例え費用がかさんでも直ちに移動ができるBJ機の利用が必要不可欠だ。またそこまで緊急ではなくてもバッファーとして,世界と即時につながことのできるBJ機の存在は重要だ。でも現時点では日本ではそのような態勢は整っていない。私が今まさに「起動」「起業」させようとしている会社は,内外のBJ機に羽田空港で唯一の充分な機能を有する整備格納庫を提供すると共に,そのような役割を持つ会社…世界の命の翼として飛び立たせよう。

今後のこと2

実は私は昨年12月くらいからとても暇で,毎日のようにWEBページをいじってきた。

その中で,例えば1月18日には,「私のチャレンジ」として,「羽田空港におけるビジネスジェットの整備,格納ビジネス,中型ビジネスジェット機を利用する国際医療搬送(エアアンビュランス),ダイエットに様々な要素(小食,多動,睡眠,旅行,文化活動等)を盛り込んだ双方向性の健康アプリの開発,教育支援」と書いたが,そのときは法務・監査の支援+若干のお手伝いという趣旨で書いたのであって,まさか私が「「羽田空港におけるビジネスジェットの整備,格納ビジネス」を「起動」「起業」させる立場になるとは思いもしなかった。1月19日の「「航空の本」まとめ読み」も本の整理の一環だった。私がWOLの緊急事態に対応することになったのは,1月22日であって,その前にはそのようなことは予想もしなかった。でも今上記の投稿記事を読むと,それが分かっていて作成したように見えるので不思議だ。

これからも当分はなかなか投稿はできないかも知れないが,今後は是非とも,WOLが,世界とつながり価値創造に寄与するW命の翼として飛び立つことが伝わるような記事を作成したいと思っている。

「航空の本」まとめ読み

一口コメント

航空という分野は,今まで全くなじみがなかったので,今も手探り状態である。絶えず新しい技術やビジネススキルが競われ,グローバル世界の最先端の分野ではあるが,ビジネスとしては,いつも強風にさらされているようである。その原因と将来像を早く実感としてつかみたい。

1が一番新しく重要な本であろうが,2,3の航空法の理解も必須であろう。ビジネスジェットについては,4を読み込めばいいのだろう。その他,技術,空港,操縦等の問題が山積している。

紹介

1

現代航空論: 技術から産業・政策まで
東京大学出版会
売り上げランキング: 247,231

2

新航空法講義

新航空法講義

posted with amazlet at 15.01.19
池田 良彦 工藤 聡一 菅原 貴与志 関口 雅夫 中谷 和弘 新田 浩司 松嶋 隆弘
信山社
売り上げランキング: 232,946

3

新国際航空法

新国際航空法

posted with amazlet at 15.01.19
坂本 昭雄 三好 晋
有信堂高文社
売り上げランキング: 520,289

4

Practical Applications in Business Aviation Management
James R. Cannon Franklin D. Richey
Government Inst
売り上げランキング: 785,390

5

カラー図解でわかる航空管制「超」入門 (サイエンス・アイ新書)
藤石 金彌(ふじいし きんや)
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 34,199

6

飛行機物語―航空技術の歴史 (ちくま学芸文庫)
鈴木 真二
筑摩書房
売り上げランキング: 272,624

7

図解 これからの航空ビジネス早わかり
戸崎 肇
中経出版
売り上げランキング: 74,069

8

東京国際空港 (イカロス・ムック)
イカロス出版
売り上げランキング: 32,496

9

週刊 東洋経済 2012年 4/7号 [雑誌] 航空大革命
エアライン&エアポート2012
[時価総額ランキング] これが世界のエアラインTOP30だ!

10

航空英語入門 (航空工学入門講座)
日本航空技術協会
日本航空技術協会
売り上げランキング: 413,930

11

Pilot's Handbook of Aeronautical Knowledge 2008: FAA-H-8083-25A (FAA Handbooks)
Federal Aviation Administration
Aviation Supplies & Academics
売り上げランキング: 111,090

12

13

14

「図解これからの航空ビジネス早わかり」を読む

図解 これからの航空ビジネス早わかり
戸崎 肇
中経出版
売り上げランキング: 237,229

一口コメント

表紙に書いてある「日本の将来は航空が決める!」は大げさだが,航空を含む交通や人や物の交流が決めるであろう。大事な視点である。

詳細目次

続きを読む “「図解これからの航空ビジネス早わかり」を読む”