「遊動論 柳田国男と山人」を読む

遊動論 柳田国男と山人 (文春新書)
柄谷 行人
文藝春秋
売り上げランキング: 24,579

最初のコメント

柄谷行人さんは,実はあまり読んだことがなかった。英語教師をしている「文芸評論家」という存在とはあまり接点がないし,「マルクスその可能性の中心」といわれてもねということで,視野の外であった。
しかし最近,人類史の大きな流れをとらえたいという思いの延長で,「世界史の構造」関係の本に何冊か目を通し,確かに問題が大きな視座で捉えられているし,「面白い」部分も多いとは思うのだが,読んでいて何だか落ち着かない。
まず柄谷さんの議論を理解するためには,下記の図式が頭に入っていなければならない(「柄谷行人 政治を語る」(図書新聞79頁より)。
アソシエーションを目指すんだって,その交換様式はわからない?それは普遍宗教なの?という,例えば池田信夫さんのような昔の政治青年からの「突っ込み」があり得るだろうが,今の時代,誰もこれからの社会を構想できていないんだから,それはお互い様でしょうね。
しかし問題は私にはこの図式が理解できないことである。イの交換様式は理解できる。しかし,ロ,特にハは何だろう。単純に「A ネーション」が何をさすのかわからないし,「A ネーション」,「B 国家」,「C 資本(市場経済)」は,カテゴリーのレベルがあっていないのではないだろうか(ロも同じだ。)。少なくても,簡単でもいいから「定義」をし,その関係を提示して議論を進めてくれないと,これだけで嫌になってしまう。

基礎的な交換様式(イ)とその歴史的派生形態(ロ,ハ)
※イ B 収奪と再分配     A 贈与の互酬性
C 貨幣による商品交換 D X

ロ B 専制・封建的国家 A 農業共同体
C 都市         D 普遍宗教

ハ B 国家         A ネーション
C 資本(市場経済)   D アソシエーション

※なお「遊動論」(196頁)では,イは,次のようになっている。
B 再分配 A 互酬(贈与と返礼)
(略取と再分配)(強制と安堵)
C 商品交換(貨幣と商品)D X

それと柄谷さんは,「互酬原理は,遊動的な狩猟採集民の段階には存在せず,定住後に形成されたと考える」,「定住以前の狩猟採集社会には,共同寄託(生産物を平等に分け合う)はあるが互酬的交換はなかったと考えるべきである」(「遊動論」179,182頁)とする。私もそうかなと思うけれども,柄谷さんも共同寄託をしていた時期の人類史を視野に入れているのだから,人類史を1万年前の定住革命以後ではなく,5万年ないし20万年前から語り始めること,更には250万年,700万年前からの進化論による人類理解を元にこれらの図式を再構成する方が,抽象的かも知れないが,より問題解明の核心に近づくのではないだろう。マルクスではなく,ダーウィンから始めて分子生物学を友にした方がいいのではないかと思うんですが。

次のコメント

さてこの「遊動論」も「世界史の構造」理解の一環として書かれたものであるが,その要点は,付論として加えられた「二種類の遊動性」を柳田国男に読み込んだものである(「あとがき」(199頁)で,「これを最初に読んでいただきたい」といわれても・・・)。
要は柳田の「遊動性」の民には,定住以前の「山人」(狩猟採集民的遊動性)と,移動農業・狩猟を行う「山民」,および工芸・武芸をふくむ芸能的漂白民がおり,後者は定住民を支配する権力とつながっているが,「国家に抗するタイプの遊動民は,前者である。これは上記のDにつながっている。
これを柳田の生涯,及び作品を取り上げながら,論じている。私は柳田も余り読んでいないので,柄谷さんの論述の正否については判断できないが,この作品は「文芸評論家」らしい生き生きとした表現に充ちているし,柳田を「正解」せず非難する凡百の学者,評論家の言説が如何に誤りかをその内容がわからなくても「説得」されそうになる筆力に充ちている。もちろん,その是非を判断すべき責任は読者にある。

ユーラシアを駆け巡れ

最近,①「遊牧民から見た世界史 増補版」(杉山正明・日経ビジネス人文庫),②「中夏文明の誕生-持続する中国の源を探る」(NHK「中国文明の謎」取材班・講談社),③「中国化する日本-日中「文明の衝突」一千年史」(與那覇潤・文藝春秋)を読み,「イスラーム 文明と国家の形成」(京都大学学術出版会・小杉泰)が控えている(別途,「イスラム飲酒紀行」(髙野秀行・Kindle本)も読んだが,これでイスラムを語るのは,いささか・・・)。

これらを読むと,人びとのエネルギーとその時間・空間の雄大さに圧倒されてしまうが,大事なことはこれらの本を整合的に理解することではない。

①「遊牧民から見た世界史」によると,遊牧騎馬軍団が,ユーラシア大陸の東端から,アジア西端まで,少なくても16世紀までは,ほぼ「支配」していたこと,中国も例外的な時期,地域を除き,遊牧騎馬民が「支配」していたことになる。遊牧騎馬軍団が非常に強力な戦闘力を持ち,あるときわずか十数騎で2000人の地上軍を蹴散らしたという記述があって,「ほう」と思うのだが,「征服した後」を支えるのは,交易であり,安定した治世であろう。②「中夏文明の誕生」を読むと,最近の発掘で分かってきたこととして,夏に端を発した,中華=中夏の思想が中国を支えてきたという話になる。③の「「中国化する日本」では,宋以降の中国が「世界標準」だということらしい(内藤湖南で確認したが,確かに宋以降が近代だということらしい。)。

それらの関係はともかく,ユーラシアに焦点を当て,古代オリエントは横に置くとすると,中夏,遊牧騎馬軍団,イスラム,それとヨーロッパ(含むアメリカ)が4大勢力であるが,遊牧騎馬軍団はその軍備が重火器に圧倒されたことから勢いを失い,ほぼイスラムに飲み込まれている。そうすると,中夏,イスラム,ヨーロッパの争いだが,近代になってやっと力を持ち重火器の大量生産で他を押さえつけていたヨーロッパが,中夏,イスラムの逆襲に遭っているというのが現状であろうか。

もちろん,軍備でも経済力でもなく,文明・文化によってである。

こういう話しは,どうしても床屋政談,居酒屋放談になってしまうが,それにしても,どこにも日本の「物作りの技術力」自慢など入り込む余地がないように見える。

それに本当に日本は「物作りの技術力」が優れていたことがあるのだろうか。私のイメージでは,江戸時代までの工芸品,美術品の伝統はさておき,50年前からの高度成長期には粗製濫造で市場を広げ,その後は,物真似,更には物真似はそのままで小型化,高度化によって市場を確保してきたが,結局,根本のところで創造性のある商品,サービスを提供できないまま,敗退しているというのが事実ではないか。

まずユーラシアやアメリカを駆け巡るしかないじゃないか,そこで人と出会ってはじめてまともな商品,サービスのアイディアが生まれ,「物作りの技術力」をいかした,普遍的な価値を生むことができるのではないか。

このままうじうじと国内で発想しているのではね,というのが壮大な歴史に向き合った私のとりあえずの感想です。さて私はどうしよう。