「問題解決と創造」を見直しています

「問題解決と創造の頁」を「問題解決と創造を学ぶ」として内容を見直しました。できるだけ,幅広い観点から,「問題解決と創造」について考えようと,あれこれ本を物色してきましたので,それをそろそろ反映したいと思っています。

これまで「システム思考」について全く取り上げていなかったので,これを複雑な問題についての「問題解決と創造の方法」の柱の一つとして取り上げること,個人の「問題解決と創造」については,行動改善として捉えること,「方法論の基礎」を整理すること等について取り組んでいきますが,今日の時点では全く反映されていません。

なお以下の投稿は,固定ページ「問題解決と創造の頁」を「問題解決と創造を学ぶ」として書き直して投稿したものです。固定ページの方はその内容を,適宜,改定していきますので,この投稿に対応する最新の内容は,固定ページ「問題解決と創造を学ぶ」(固定ページにリンク)をご覧ください。

「問題解決と創造を学ぶ」の紹介

まず,「問題解決と創造を学ぶ」の全体の構成や内容を紹介する。

なぜ「問題解決と創造」なのか

私たちは,日々,自分に関わる様々な問題の解決を迫られ,また思いついては新たな価値の創造を試みているが,なかなかうまくいかない。もう少し遠くを見ると,世界中に解決困難な問題や新しい問題が集積しているが,世界も日本もその政治過程の愚かさには辟易するだけで,当面政府がこれらの問題を解決することは当てにしない方がよさそうだ。

そこで私たちは自ら解決に乗り出すべく,「問題解決学」とか「創造学」といわれる分野をのぞいてみたくなるが,百花繚乱で,何を頼ればいいのか,迷うばかり,さてどうしよう。それにビジネス分野から発信される「問題解決と創造」は,いかにも軽率なものが多く,どうなんだか。一方,学問分野からの発信は,重くもたもたと構造の記述にとどまるものが多く,なかなか「問題解決と創造」の実践に届かない。

要は,私たちが「問題」だと捉えることを「世界」の中に位置づけ,何をすればいいのかの道標が得られればいいわけだから,「世界」に関する知識と「問題解決と創造の方法」を結びつけることが必要となる。

「問題解決と創造を学ぶ」には,このような観点から,私自身が「問題解決と創造」を実行するために(皆様にもその手助けになるように),本を読み,Webを見つけ,自分の頭で考察した内容の記事を蓄積していきたい。目的は「問題解決と創造」の実行だから,「問題解決と創造の方法」はできるだけプラグマティックな内容になるように心がける一方,「世界」はますます拡大していくから,「世界」に関する知識はできるだけ範囲を広くとり,わかりやすく整理していきたい。

なお,プラグマティックというと,役に立たないものは排除するという印象だが,論理的,科学的な学問がいつどこで役に立つかは予測できないし(特に数学ではよく言われることだ。),物語や哲学等々の人文畑も,人のイメージを沸き立たせ,新たな思考を導く役に立つ。役に立たないと断言できるのは,古い発想に固執する「営み」だけだ。

問題解決と創造を定義する

まず問題解決と創造を定義しよう。

「創造」は後記するように「問題解決」の一場面として位置づけられるので,まず「問題解決」とはどういうことかについて検討する。

「問題を解決する」場合の「問題」は,普通,私たちが存在する現実の世界における「目標と現状のギャップ」と定義されることが多いようだ(後記の「佐藤:問題解決入門。これは,ハーバート・A. サイモンが,言い出しっぺらしい。)。

では,「世界」はどのような要素から構成されているのか。経済学等では,個人(家計),企業,政府の3主体を想定するのでこれを借用し,これに自然・生態系・人工物からなる環境を加えて4要素とする。そうすると,これらの4要素の活動と相互作用(普通,これは「システム」と呼称される。)によって,各要素及びこれらの複合体の「世界の社会・経済・歴史」等の現実の「世界」が作られるということになる。

ただ,私は概念分析がしたいわけではなく,「問題解決と創造」のためには,対象となる「世界」をこのような観点から考えるのが「実用的」だろうという「仮定」を設けただけである。

「問題解決と創造を学ぶ」の構成

概要

そこで「問題解決と創造を学ぶ」の最初に,問題解決と創造のための基本的な手段となる「問題解決と創造の方法」を紹介することとし,「基本4書」及び「システム思考」を取り上げる。

これに続いて問題解決と創造の対象となる「世界」の4つの要素とその主たる問題(「個人:生活と仕事・文化」,「企業:経営と統治」,「政府:権力と政策」,「自然・生態系・人工物(環境)」,及びこれらの複合体である「世界の社会・経済・歴史」について,検討する。

個人,企業,政府,環境には,それぞれ固有の問題があり,「世界の社会・経済・歴史」の問題(これらは複雑な「システム」と考えられよう。)を,個人,企業,政府,環境をすっ飛ばして考察しても,思い付きに止まるだけだというのが,ポイントになるであろうか。

最後に,「問題解決と創造の方法」及びその対象となる「世界」を考察するための「方法論の基礎」を検討する。ここでは,システム思考,哲学,言語・論証,論理学・数学(確率・統計),CS・IT・AI,進化論・脳科学・認知科学・心理学,ゲーム理論・経済学,複雑系科学,その他(失敗学,選択の科学等)を検討する。ここで重要なのは,「問題解決と創造」につながる記述とモデル化である。

その他,本,Web等を集める「書庫」を設ける。

構成

まとめれば,次のようになる。

  • 問題解決と創造の方法
  • 個人:生活と仕事・文化
  • 企業:経営と統治
  • 政府:権力と政策
  • 自然・生態系・人工物
  • 世界の社会・経済・歴史
  • 方法論の基礎
  • 書庫

「問題解決と創造を学ぶ」の補足

以下,各項目について,補足して説明する。

「問題解決と創造の方法」の「基本4書」と「システム思考」

問題解決と創造のために,どのように頭と心を働かせるべきなのか,まずその方法を整理する。

基本4書

最初に「新版[図解]問題解決入門~問題の見つけ方と手の打ち方」(著者:佐藤 允一)(Amazon・本の森)を,取り上げる。

これは「問題」を「目標と現状のギャップ」ととらえ,原因となる「入力」,「制約条件」,「外乱(不可抗力)」による「プロセス」を経て,「出力(現状)」が生じるという「問題構造図式」を提示する。「入力」,「制約条件」をコントロールすることで,「出力(現状)」を変え,問題解決を考えようというのである。これだけでは単なる枠組みの整理に過ぎないが,それだけに様々な問題解決の手法を整理して位置づけるのに便利である。

次に同書は,「問題」を,発生型(既に起きている問題),探索型(今より良くしたい問題),設定型(この先どうするか)に分類しており(これは「時間型」といえよう。),これも有用である。

さらにこれは私見ではあるが,「問題」を,システム型,個人型,人工物型に大別することも有用である(「対象型」といえよう。)。「世界」の大部分の問題は,「システム思考」が対象とすべき複雑な「システム型」の問題であるが,個人型の問題の多くは,個人の意思決定と行動改善の方法として捉えることが適切であるし,人工物(多くは商品であろう。)型の問題は,人より物の振る舞いが前面に出る設定型,探索型の問題であるから,別に検討したほうが良さそうだ。ただし,それぞれの知見を谷応用することは有益である。

2書目として「創造はシステムである~「失敗学」から「創造学」へ」(著者:中尾政之)(Amazon・本の森)を取り上げる。

これは「創造」(自分で目的を設定して,自分にとって新しい作品や作業を,新たに造ること)の過程を,「思い」(願望)→「言葉」(目的)→「形」(手段)→「モノ」(アクションプラン)ととらえ,まず「目的」を言葉として設定することが重要だとする(これが「出力」,「結果」である。)。そしてその「原因」となる「入力」「プロセス」等を<「形」(手段)+「モノ」(アクションプラン)>と捉え,その具体的な内容を「思考演算子」を適用して検討していく。

これは,人工物型,さらに個人型にも適用できる。ただ個人型については,必ずしも上記の方法ではうまくいかないことが多いであろう。それは人の行動の特性をふまえた「行動改善」についての配慮が不十分だからである。

この2書を,「問題解決と創造」のための一つの基本的な方法として運用することができそうだ。

さらに問題解決の方法を置く取り上げている「問題解決大全」(Amazon・本の森),多様な思考を促す「アイデア大全」(Amazon・本の森)を併せ,「基本4書」とする。

システム思考

ただ解決すべき多くの問題(特に,企業や政府等の組織が直面する社会・経済・経営等の問題)は,各要素の複雑な行動と相互作用によりもたらされるシステムの問題であろう。これに取り組む手法がシステム思考(システムダイナミックス)だ。

これについて私は,ドネラ・メドウズの本は読んでいるはずなのに,「問題解決と創造」を考える際,ほとんど頭に浮かばず,いま大慌ててフォローしているところだ。とりあえずここでは「システム思考―複雑な問題の解決技法」(著者:ジョン・D・スターマン)(Amazon・本の森),「学習する組織 システム思考で未来を創造する」(著者:ピーター・センゲ)(Amazon・本の森)を挙げるにとどめよう。

4つの要素と世界

私は,「問題解決と創造」の対象となる「世界」について,その内容によって複数の領域を設定し,領域ごとにその特質を踏まえながら「問題解決と創造」を考えていくのが適切であろうと考えている。その領域として,個人と組織(企業,政府)の3主体及び自然・生態系・人工物からなる環境を加えて4要素とし,これらの4要素の活動と相互作用(普通,これは「システム」と呼称される。)によって,各要素及びこれらの複合体として「世界の社会・経済・歴史」等の現実の「世界」が作られるとりいう仮説は上記した。それぞれについて,より具体的に検討してみよう。

個人の生活と仕事・文化の問題

私たちは,ふと,「いったい私は何をしているのか,何をしたいのか」という思いにかられることがあるが,私たちがしたいことは,端的にいえば,充実した生活をし,仕事と文化において創造することであろう。

私たちの生活と仕事・文化は,走ることによって人類に進化した(これは仮説である。)後の,道具,火,言語の使用等々に支えられた長い長い狩猟採集生活を経て,わずか1万年の間の農業革命,科学革命,産業革命,情報革命等々によって劇的な変動を経験しつつある。

生活は,「食動考休」にまとめることができる。現代の食動考休は,狩猟採集生活時代のそれから大きく変容している。その充実を考える場合は,その変容を視野に入れることが必須である。

人が生活の中で展開してきた文化(芸術,芸能)は,「人のつながりの表現」である。

仕事は,生活と文化の基盤に立つ分業による価値創造である。「苦役」というイメージでとらえるべきではない。

ところで人の生活と仕事は・文化,進化論(繁殖,生存に有利な形質が自然選択される)を踏まえて考えるべきである。ただ繁殖,生存の根底に性的な衝動や自然選択(競争)があるとしても,人はいつもそれに振り回されているわけではない。他者と接するソフィストケートされたレベルでは,人の生活は,日々の充実した,健康な活動を支える「食動考休」であり,仕事・文化は,生活の応用としての他者との分業による価値創造とつながりの表現であるとまとめることができる。

なお文化(芸術・芸能・文化)については,一連の考察とは別に独立させて検討する。アイデアを活性化させ,結露したものといえる。

政府と企業の問題

農業革命以前,人の生活と仕事は,ほとんど分化していなかったと考えていいだろう。人は,家族,あるいはもう少し規模の大きい共同体に属し,その中で仕事をし,共同体同士で抗争し,死んでいった。

しかし農業革命により人の生活と仕事が分化し,その余剰生産物を収奪する「権力集団」(政府)が生じた(もっとも現代のほぼすべての政府は,民主制(支配者と被支配者が同一)に基づくと主張しているが。)。そして,分業の進展によって,更に「産業革命」によって決定的に,人の仕事の領域から分化した「企業」が大きな勢力となり,現在に至っているとまとめることができよう。政府と企業は,個人とは別の次元に存在する「組織」である。

なお成立は政府が先行するが,考察する順番としては,個人,企業,政府という方が分かりやすいであろう。

組織のうち企業の問題は,利潤追求を目標とする企業の活動により,たとえ「見えざる手」によって資源の最適配分が図られるとしても,様々な立場の人々(消費者,取引先,株主,経営者,従業員,政府等々)に,様々な利害得失を与えるから,その活動が適切に制御されなければならない。「経営と統治」を考察する必要がある。

組織のうち政府の問題は,民主制のもとでは個人の政治参加(投票)により選出された代表者(政治家)が組織する集団による権力行使(法・実力)と政策の実行及びその制御の問題である。ただし,政府を主導する政治家,官僚は,政策に失敗することがあるのみならず(悲惨な被害が生じる政策の失敗は戦争であろう。),その権力を冒用し私的利益を図ろうとする強いインセンティブがある。それが問題を複雑にしている。主たる問題を,「権力と政策」としてとらえることとする。

なお組織には,地域共同体,宗教団体,学校,NPO等々も含まれるが,企業,政府に準じて考えればいいであろう。いずれにせよ,個人から独立した存在として迷走する組織の行動について理解するためには,複雑系ネットワークの観点が欠かせない。家族は,人の生活と仕事・文化の領域の問題として考えれば」よいであろう。

自然・生態系・人工物(環境)の問題

個人の生活と仕事・文化及び企業や政府の活動は,環境の中で(自然及びテクノロジーを利用して)展開される。生活と仕事,企業や政府の問題解決のためには,自然とテクノロジーの機能,動きを理解し,これを利用,制御することが必須である。

世界の社会・経済・歴史の問題

人はともすると,共時的及び通時的な社会や経済の問題に素手で入り込み,全体の構造を離れてその問題の一部を撫ぜ,あれこれ論じてきた。しかし,それでは決定的にうまくいかない。社会は,人の生活・文化・仕事,企業,政府,環境の複合体であり,社会,経済はその一側面である。ここでは,「システム思考」なしでは「問題解決」は不可能であろう。

方法論の基礎

ところで基本4書の内容は,経験の集積という方が正しく,問題解決と創造にあたっては,KKD(勘,経験,度胸)が大事だなどともいわれるので,それだけでは心もとない。これを論理的,科学的に捉え返す必要がある。

そのため「問題解決と創造の方法」及びその対象となる「世界」を考察するための「方法論の基礎」では,システム思考,哲学,言語・論証,論理学・数学(確率・統計),CS・IT・AI,進化論・脳科学・認知科学・心理学,ゲーム理論・経済学,複雑系科学,その他(失敗学,選択の科学等)を検討する。あまり深入りはできない。

まとめ

このように現在,私あるいは現代の「世界」社会が直面している多くの問題について,個人,企業,政府,環境の4要素(更には,その複合する「世界の社会・経済・歴史」も含めて)から,分析,考察を巡らせ,私たちにとって最も重要で切実な問題である日々のあり方(生活と仕事)を充実,活性化させること,人から独立した存在として迷走する組織(企業と政府)を適切に制御,運営する企てに参加すること,更にはこれらの活動の環境,場となる自然とテクノロジーを理解し,制御し,利用することによって,社会・経済の問題を順次解決していくことができれば,結果的に「新しい社会と経済を創る」という価値創造に結実するであろう。

最後に

私が今,最も取り組みたいことは,弁護士として「法を問題解決と創造に活かす」活動であり,「問題解決と創造を学ぶ」は,そのための,事実と論理を踏まえた準備作業,基礎作業となることを志している。このWebサイトも,やっとそういう情報発信ができるような準備が整いつつある気がする。ただまだ各メニューの内容はバラバラだ。それにITやAI,科学についての新しい知見・動向を知るには,英語文献の読解が必須である。その意味で内容が整うまでには今しばらく時間がかかりそうだ。

 

「図解 老人の取扱説明書」を読む

著者:平松 類

どこから「老人」を見るか

「老人」というと,「頭がぼけ(認知症),体を支えられなくなり,心もゆがむ」(いわば「全滅論」といえよう。)という固定イメージがある。誰だって,自分がそんな「老人」になるなんて思いもよらないはずだが,街中には,少なくてもそういうふうに見える「老人」があふれている。私もそろそろ60台半ばを迎えて,「老人」と見られる場面も出てくるはずだが,あまり「老人」の自覚はない。でもこれから一体,どうなるんだろう。そういう中でたまたま本書を手に取った。

本書(図解 老人の取扱説明書)は,老人の困った行動を16取り上げている。ここでは最初の8個をあげてみよう。

①都合の悪いことは聞こえないふりをする。②突然,「うるさい!」と怒鳴る,でも,本人たちは大声で話す。③同じ話を何度もする。過去を美化して話すことも多い。④「私なんて,いても邪魔でしょ?」など,ネガティブな発言ばかりする。⑤せっかく作ってあげた料理に醤油やソースをドボドボとかける。⑥無口で不愛想。こちらが真剣に話を聞こうとすると,かえって口を閉ざす。⑦「あれ」「これ」「それ」が異様に多くて,説明がわかりにくい。⑧赤信号でも平気で渡る。

すべて「頭がぼけ(認知症),体を支えられなくなり,心もゆがむ」全滅論に起因するように思えてくる。

しかし,著者は,その前に,年を取ると五感がどうなるかを問題にし,五感の変化について次のように説明する。

五感の変化

Ⅰ視覚 老眼が40代中盤からはじまり,60代になると老眼鏡を使わないと辛くなります。また,白内障が50代から半数以上の人に発症し,80代を超えると99%が白内障になります。白内障になると,暗い所と明るい所が見にくくなります。

Ⅱ聴覚 難聴は50代後半からはじまり,60代後半で急速に進み出し,80代以上では7~8割を占めます。まずは高い音が聞き取りにくくなり,電子音などを聞き逃します。次第に,複数の音声の聞き分けができなくなります。後ろから迫っている車の音にも気づかなくて,轢かれそうになります。

Ⅲ嗅覚 50~60代までは年齢とともに機能が高くなりますが,それ以降はやがて低下します。70代からの機能低下が大きいです。嗅覚と味覚は関連しているので,味も感じにくくなります。普段の生活では自分の体臭・口臭に気づかず,相手を不快にさせます。

Ⅳ味覚 60代から衰えてきます。味覚障害により,醬油やソースをたくさんかけたくなります。味がわかりにくくなることで食べる楽しみが減るため,食欲もなくなります。

Ⅴ触覚(温痛覚) 50代から衰えはじめ,70代から顕著になります。手に持っているものの感覚が弱まるため,物を落としやすくなります。温度感覚も鈍るので,やけどをしやすくなります。若い人と同じ空間にいても空調の設定が違うため,嫌な顔をされます。

困った行動のかなりの部分は五感の変化が原因だ

上記した8つの困った行動のうち,①②⑤⑥は,五感の変化が原因の可能性が大きく,③⑦は記憶の問題,⑧は歩く速度の問題であり,五感以外の心身機能の一部が衰えてくるということだ。④は,役割の問題である。残りの8個の困った行動の多くも,五感の変化と心身機能の一部の衰退が原因だ。

五感の変化や心身機能の一部の衰退については,それぞれ「老人」自身で,それ相応の対応ができるし,家族や第三者もそのことが理解できると対応の仕方が大きく変わるだろう。「老人」の行動を「全滅論」で理解し,対応することはお互いにとって不幸だということだ。

全滅論につながる機能の衰退は阻止できる

五感の変化はそれを理解し,適切に対応すれば,さほど問題ではない。一方,心身機能の一部の衰退が,徐々に大きな衰退につながると,その影響は甚大である。これを防ぐのは,食動考休,特に動考である。本書でも簡単に触れられているが,見過ごしてしまいそうだ。間に合ううちに始めなければ…

本書について

「老人の取扱説明書」という題名には,多くの人が顔をしかめそうだが,本書は,老人を「取扱う」主体として,施設,病院等の第三者だけではなく,家族,そして自分自身を想定している。しかも著者は,多くの「老人」と接している「眼科医」ということのようだから,上記のとおり,問題とされる困った行動事例も,あまり深刻でない事例だ。そうなると,「取扱説明書」という機能的な観点がかえって好ましい。

なお,本書には,図解でない,新書版があるが,図解版をおすすめしたい。新書の方は記述が煩わしい。図解版はタブレットがなくてもパソコンにkindleソフトをインストールすれば読むことが出来る。

詳細目次

続きを読む “「図解 老人の取扱説明書」を読む”

「読解力」から見えるAIと人を分かつもの

読解力ブーム?

「読解力」がブームである。 といっても,それはもっぱら私の読書範囲に限られるのかもしれないが,私は,最近,「国語ゼミ―AI時代を生き抜く集中講義」(著者:佐藤 優)(Amazon),「大人のための国語ゼミ」(著者:野矢 茂樹)(Amazon),そして「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」(著者:新井 紀子)(Amazon)に目を通した。

前二書は,文字どおり,国語(要約力や読解力)の重要性を説き,新井さんの本は,柱となる主張の一つとして,中高生は各学科の学力以前に,教科書の説明や問題を問う文が理解できていないのではないかということを指摘している。

大体,学者や知識人は,年をとると,国語や国が大切だと言い始めるので,その意味では珍しくないともいえるし,私の中で「読解力」とは,できの悪い日本語の文章を何とか理解するためのやむを得ない技術という思いもあって,「読解力」を持ち上げることには抵抗もあったのだが,新井さんの本が参戦したことにより,ずいぶんと違った景色が見えてきた。

新井さんは,人工知能(人の知能と同等の機能を有するもの)と,それを実現するためのAI技術を区別し,AI技術がそこそこ進展しても,人工知能はできない,なぜなら,AI技術を支えるものは,加算と乗法の数学だから,それでできることは限られる,人間の脳,自然言語の機能を,数学がカバーすることはおおよそありえないと,明快に断言する。

一方,新井さんは,AIによる東大入試合格を目標とする「東ロボ」プロジェクトをプロデュースしたことでAI讃美派と見られているかもしれないが,実はこれは最初から「東ロボ」は東大に合格できないということを明らかにするためのプロジェクトであった,ただ多くの人の知恵と協力によってAI技術を駆使してMARCH入試の合格のレベルに達したが,これ以上は無理ということのようだ。

そして人間の知能は,数学に支えられたAI技術ではとてもカバーできないが,MARCH入試の合格レベルの仕事であればAI技術が到達したから,「コンピュータが仕事を奪う」(Amazon)。これは新井さんが最初に言い出したことだとしている。そしてそれにつけても,中高生は(したがって多くの大人も),教科書の説明や問われている問題文が理解できていないので,暗記で表面を繕っても,AI技術に代替されることになる,だから「読解力」…という議論の運びになる。

AIと自然言語による論証

私はこれまで,そこそこAI論に目を通してきたが,新井さんの本は今回はじめて読んだ。最初からこういう見取り図が得られていれば,全体の動きや今後の方向性に関する理解がずっとはやかったなと思った。AI技術を支えるプログラミングが,数学による計算によっている以上,それがAI技術にできる限界であることに疑問の余地はない。ただ数学が適用可能な分野では,今のAI技術が,圧倒的なスピードで量を処理できることには日々驚かされる。ここらあたりは「数学の言葉」(Amazon)を含めた新井さんの3册の本と,もう少し技術的な本でフォローすればよいだろう(例えば「新人工知能の基礎知識」(著者:太原 育夫)(Amazon)。

一方,自然言語で主力となるのは,帰納的論証だ。これまで読んだ「論理学」の本は,演繹的論証(記号論理学)について書いているだけで,帰納的論証は飛躍があって,あまり使えないよねという記述しか目に入ってこなかったが,今回,自然言語による論証は,そのほとんどが帰納的論証であることに気がついてみると,これが「読解力」,そして「表現力」の本丸だということがわかる。

論証というと,相当以前から,上記の野矢さんの「新版 論理トレーニング」(Amazon)という本があり,私も購入していたが,接続詞を入れさせようとするところで嫌になった。接続関係と,接続詞は違う。野矢さんにはどうもその感覚がないようだ。接続詞の機能は複雑である(「文章は接続詞で決まる」(著者:石黒圭))(Amazon)。

そこであれこれ探していると,「論理的思考の最高の教科書」(著者:福澤一吉)(Amazon)という本が紹介されていることを見つけたが,なんと私はこれを既に購入していた。そのときは一瞥してあまり感心しなかったが,今回読み直してみると,論証の全体を網羅しているわけではないが,部分的にはとても優れた考察がなされていることが分かった。同著者のKindle本には他に,「文章を論理で読み解くための クリティカル・リーディング 」(Amazon),「新版 議論のレッスン」(Amazon)がある。これらはそれぞれに優れているが,著者の欠点は,それぞれに小出しして全体を網羅しないこと,あるいは体系性への情熱が欠けていることだ。

ところで福澤さんの論証論を一言でいえば,根拠(Data)→論拠(Warrant)→主張(Claim)ということだが,ほぼ同じことを英文読解の場面で横山横山雅彦さんがいっている(「ロジカル・リーディング」(Amazon),「「超」入門! 論理トレーニング 」(Amazon))。これらは,ディベートでも強調されていることだ。

そしてこれらのバックになるのが「議論の技法」(スティーヴン・トゥールミン)(「The Uses of Argument by Stephen E. Toulmin)(Amazon)だ。ただ翻訳書は絶版でずいぶん高い値段がついている。

論理的な論証を心がけるには,これらの議論のポインを押さえる必要がある。追って要約して紹介したい。

論理的に論証してどうなるのか

ところで論理的な論証はそれ自体はいいことであることに間違いはないが,問題はそのような論証による結論が,どう「問題解決と創造」の役立つかだ。でたらめな論証による結論が役立つことだってありうる。役立つためには,論証過程だけではなく,その前提となる根拠(Data),論拠(Warrant)が重要だ。これらは,適切な手続きによって導かれた「世界」に関する科学的な知識といっておくが,それがどのようなものであるかについては,どうも分析哲学を一瞥する必要があるかもしれないと思っている(「現代存在論講義ⅠⅡ」(著者:倉田剛)(Amazon)。

こんなことをしていると,いつまでたっても「問題解決と創造」にたどり着かない。いやほぼ「問題解決と創造の方法と技術」にたどり着きつつあると言っていいだろうか。ここからが長いか?

 

 

問題解決と創造の<現場と思考>を考える

この投稿は,固定ページ「問題解決と創造の方法と技術」に新しく追加した部分を投稿したものです。固定ページの方はその内容を,適宜,改定していきますので,この投稿に対応する最新の内容は,固定ページ「問題解決と創造の方法と技術」(固定ページにリンク)をご覧ください。

問題解決と創造の<現場と思考>

問題解決と創造の方法と技術を身につけ実践する前に,実践する現場(環境:自然とテクノロジー)について大まかに理解し,かつ創造の方法と技術を操作する主体である個人と組織の思考の特質(非合理性と合理的な推論と意思決定)について理解しておくことは意味あることだろう。もっともここに深入りすると,現場での問題解決と創造に至る前にそこをぐるぐる回りするけで終わってしまうということは,「知識人」,「教員」だけでなく「科学者」にもありがちなことだ。

現場(環境:自然とテクノロジー)を知る

現場(環境:自然とテクノロジー)を知るには,まず中学,高校レベルの「教科書」に目を通すのもよいが(ブルーバックスに「新しい高校の…教科書」シリーズ(Amazon)や,「発展コラム式中学の理科の教科書」シリーズ(Amazon)がある。),理科が苦手な大人向けに雑多な知識を集めたより読みやすい「入門書」に目を通すのがよいだろう。

そのような本はたくさんあるだろうが,たまたま私が最近購入したというだけだが「もう一度学びたい科学」(Amazon)からはじめてみよう。PART.1の「科学の大原理・大法則」は何とか分かるかな。PART.2の「ニュースがわかる科学の基本」の「生命の科学」,「気象の科学」,「エネルギーと環境の科学」,「宇宙の科学」だけでは全く物足りない。

まず1点目に「化学」分野はまったく抜けているので,ここは私の本棚にあった「ぼくらは「化学」のおかげで生きている」(著者:齋藤勝裕)(Amazon)でカバーすることにしよう。実際私たちの生活では「物理」はテクノロジーとして商品に封じ込められているので商品の使用法さえ分かればよいことが多いが,私のような「化学音痴」は,身の回りの物質のこと,食品のこと,生物の体のこと等々,なかなか理解するのが困難だ。炭素と水素が分かればまあいいか。

2点目に生命の歴史もない。そこで「系統樹をさかのぼって見えてくる進化の歴史 僕たちの祖先を探す15億年の旅」」(著者:長谷川政美 )(Amazon)の写真と曼陀羅図を楽しもう。ホモサピエンス代表は,著者のお孫さんだ。もっとも,本書には,真正細菌,古細菌ドメインには触れられておらず,最初の分岐は「シャクナゲとヒトの共通祖先」からだ。それについては,「たたかう植物 仁義なき生存戦略 」(著者:稲垣栄洋)(Amazon)の「植物vs.病原菌」に「トコンドリアと共生した生物の一部が,次にシアノバクテリアと共生して葉緑体を手に入れた。こうして,ミトコンドリアのみを持つ動物と,ミトコンドリアに加えて葉緑体を持つ植物が誕生したのである」とあり,イメージしやすい。もっともこの本の内容は豊富であり,植物,いや生命を理解するためにぜひとも一読すべきであるので追って紹介しよう(ただ類書は多い。)。

3点目に「地球の歴史,自然」もまったく不十分だ。これについては「地球とは何か 人類の未来を切り開く地球科学」(著者:鎌田 浩毅)(Amazon)が,まだ速読しただけだが,網羅的でよさそうだ。ただ過去の地震歴から,」2020年から2030年にかけて「関東中央圏での直下型地震」,「南海トラフ巨大大地震」が起こる可能性があるとしていて衝撃的だが,どうなんだろう。もう少し読み込んでみよう。

さて,以上に加えて「眠れなくなるほど面白い図解物理の話」(著者:長澤 光晴)(Amazon) ,「眠れなくなるほど面白い図解科学の大理論」(著者:大宮 信光 )(Amazon) には,もう少し突っ込んだ内容が記述されており,これらに親しみ,科学全体を通観できれば,しろうと科学者の端くれになれよう(なおこのシリーズには,化学,生物,宇宙等もあるが,内容,レベルはまちまちのようだ。)。

科学分野にはこれに引き続いて読むべき興味深い本は多い。「環境:自然とテクノロジー」(固定記事にリンク)に,少し紹介している。

個人と組織の思考の特質(非合理性と合理的な推論と意思決定)について知る

「不合理~誰もがまぬがれない思考の罠100」(著者:スチュアート・ サザーランド)

ここでは問題解決と創造の方法と技術を検討する前に,ヒトと組織(の中のヒト)の思考の特質(不合理性)について,丁寧にきちんと整理して論じている「不合理~誰もがまぬがれない思考の罠100」(著者:スチュアート・ サザーランド)(Amazon) をあげておきたい。著者は,サセックス大学の心理学教授であったが1998年に亡くなっており,本書の刊行は1992年で30年近い前である(しかしKindle本の刊行,翻訳等は最近行われているようだ。)。しかし内容は非常にしっかりしており,かつ著者の表現は機知に満ちていて,読んでいて楽しい。本書刊行後,ネットの普及等でヒトと組織(の中のヒト)の思考の不合理性は強まっているが,ネット普及前の「原型」はどうだったのかという観点から捉え,現状をその「変容」と見ればいいだろう。本書は近々「本の森」で紹介したいが,著者が「序章」で本書の構成について述べている部分だけも紹介しておきたい。

「こうした本では,序章の締め括りで,各章の要約を述べるのが約束事になっている。読者が本書を読まないでもすむように,ここで内容を要約するほど私は親切ではないが,全体の構成だけ簡単に説明しておこう。2章(誤った印象)では,人が判断ミスをおかす最もありふれた原因を述べる。その後に詳しく見ていく不合理な思考の多くにこの原因が絡んでいる。続く七つの章(服従,同調,内集団と外集団,組織の不合理性,間違った首尾一貫性,効果のない「アメとムチ」,衝動と情動)では,不合理な判断や行動をもたらす社会的要因と感情的要因を見ていく。10章から19章まで(証拠の無視,証拠の歪曲,相関関係の誤り,医療における錯誤相関,因果関係の誤り,証拠の誤った解釈,一貫性のない決断・勝ち目のない賭け,過信,リスク,誤った推理)は,事実をねじ曲げてしまうために陥る誤りを扱い,それに続く二つの章(直感の誤り,効用)では,手元にある情報の範囲内で,少なくとも理論上は最善の結論を出せるような方法を述べ,そうした方法で出した結論と直感的な選択とを比較して,直感がいかに当てにならないかを示す。22章(超常現象)では,それまでに述べてきた誤りのいくつかを振り返り,超常現象やオカルト,迷信がなぜ広く信じられているかを考える。最終章(合理的な思考は必要か)では,ヒトの進化の歴史と脳の特徴から,不合理な思考をもたらす根源的な素地を考え,併せて合理的な判断や行動を促すことが果たして可能かどうかを考える。そして最後(合理的な思考は必要か)に,「合理性は本当に必要なのか,さらには,合理性は望ましいのか」を考えてみたい。」。

なお著者は合理性について次のように言っている。

「合理性は、合理的な思考と合理的な選択という二つの形をとる。手持ちの情報が間違っていないかぎり、正しい結論を導き出すのが、合理的な思考だと言えるだろう。合理的な選択のほうはもう少し複雑だ。目的がわからなければ、合理的な選択かどうか評価できない。手持ちの情報をもとにして、目的を達成できる確率が最も高い選択が合理的な選択と言えるだろう。」。

「思考と推論: 理性・判断・意思決定の心理学」(著者:ケン マンクテロウ)

「思考と推論: 理性・判断・意思決定の心理学」(著者:ケン マンクテロウ)(Amazon) は,人間の実際の思考を踏まえて,合理的な推論と意思決定について検討した本である。著者は,イギリスの心理学者である。少し前に入手していたが,古典的三段論法,「ならば」,因果推論,確率的説明,メンタルモデル理論,二重過程理論,帰納と検証,プロスペクト理論等,感情,合理性,個人差や文化の影響がもたらす複雑さ等,幅広く検討していて,「思考と推論」を考える上では必須の本であると思っていた。ただ問題はここに入り込むと,出てこられなくなることである。ほどほどが大事だ。

問題解決と創造への出発

以上を踏まえた上で,問題解決と創造のために,どのように頭と心を働かせるべきなのか。

以下,「問題解決と創造の方法と技術」の「固定ページ」に続く。

 

 

ゲームとのコンタクト

私のゲーム体験

ゲームは人を映し出す。小さい子は,自分が後退しなければならないルールが許せない。おとなは,主観的な筋立てや考えるふりをするだけで,強引に手順を進めたり,そもそもゲームの世界に入り込むのを嫌って敬遠したりする。

私は小さい頃は,花札,トランプ,将棋等が好きだったし,碁も少しやったが考えるふりをして強引に進めるだけでうまくならず,いつしかゲームの世界に入り込むのを嫌い敬遠するようになった。

大学生になった頃,インベーダーゲームが流行った記憶だが,あまり好きではなかった。ルービックキューブにも手を出さなかった。その後,私の子供らはそこそこゲーム好きになってファミコン等で遊んでいたが,私はお酒を飲みながら子供らが遊ぶのを見る方が楽しかった。

ということでずいぶんと貧しいゲーム体験だ。

ゲームとのコンタクト

そういう私がなぜ「ゲーム」とコンタクトするのか。対象は,「ゲーム理論」ではなくて,間違いなく「ゲーム」だ。

それは最近,ゲームの制作を受託している会社数社の持株会社の監査役になったことから,これらの会社がどういう業務をしているのか,よく理解する必要がでてきたからだ。まず会社のスタッフから,口頭ベースで簡単な説明を受けた。最近のスマホゲームにも少し触ってみた。それでこれからは,自学自習だ。

「ゲームの今」(Amazon)という本の「はじめに」に,次のような指摘がある。

「こと「ゲームについて語る」となると,明らかにゲームの現状を把握していない発言や,一方的(ないし極めて主観的)な見地からの発言が,急激に増大する傾向がある。興味深いことに,普段は冷静で,畑違いの分野について見解を示すにあたっては下調べを怠らない専門家たちが,ことゲームについて語りだした途端,十年以上前の状況を前提とした分析をしたり,実体がどこにもないブームについてその社会的背景を推測したりと,いわば「勇み足」を連発してしまう…個人的には,これはゲームが持つ,本質的な強さを示しているように思う。ゲームには,識者をして「たかがゲーム」と感じさせる,驚異的な間口の広さがあるのだ。」。

「たかがゲーム」と感じさせることが,「驚異的な間口の広さ」を示しているというこの本の言い方は,すぐには理解できないかなり「ひねくれた」分析だ。

「たかがゲーム」という切り口は,明らかに「ゲーム」を,つまらないものとみている。ひとつはゲームが,単なる「遊び」だということ,もうひとつは,ゲームを構成する要素は大したものではないという「思い込み」からなっているのだろう。

しかし,後者は,全くの誤解である。今のゲームの制作,流通に必要なものをざっと挙げても,企画,シナリオ,ゲームデザイン,プログラミング,ゲームAI,サウンド,グラフィックス,ビジュアルデザイン,ネットワーク,法務・著作権,国際対応,マーケッティング,広告・宣伝,プロジェクトマネージメント等々,膨大な広がりがある。コンテンツ・ビジネスの中でも,最も複雑な仕組みの中で初めて成立する成果だろうが,ゲームを遊ばない世代からは,もっともつまらないものとみられている。前者は,「思想」の問題だ。このような中で「たかがゲーム」と言えることが,ゲームの「驚異的な間口の広さ」,毀誉褒貶なんでも飲み込んでしまうゲームの性格を示していることになる。

現実との架橋

これではすれ違いのまま終わるので,取り急ぎ「ゲーム」と現実を架橋しよう。

1点目は,ゲーム制作の中心に,プログラミング,ゲームAI,ネットワークがあるということだ。ゲームでの試み,習熟が,現実での「軽快な動きを切り開くだろう。

2点目は,ゲームがルールによって成立しており,ルールと世界の関係をシミュレーション出来るということだ。これによってはじめて法が科学的に検証できる土俵に乗るだろう。

3点目は,プロジェクトマネージメントである。ゲーム制作に関与する人員は次第に膨大となり,しかも仕事の集中と弛緩を管理するのは,基本的にはクリエーター自身だから,労働法規の枠組みの中で,プロジェクトマネージメントを実行するのは至難の業である。まさにあらゆる分野のプロジェクトマネージメントの試金石になるだろう。

このように指摘することで,はじめてゲームと関わりを持てなかった世代の人や,敢えて関わらなかった人にも,その意味合いが見えてくるだろう。

そしておそらく実際にゲームにのめり込む体験を経てはじめて,ゲームと現実が深くつながるのだろうが,私にはもう無理かな。

取り急ぎ調べることと今後の課題

まずゲームの歴史と現在の状況を把握する必要がある。「ゲームの今 ゲーム業界を見通す18のキーワード」(著者:徳岡 正肇)(Amazon)には,ゲームの歴史を踏まえた現状の詳細な記述がある。少し古い歴史はその前版である「デジタルゲームの教科書 知っておくべきゲーム業界最新トレンド」( デジタルゲームの教科書制作委員会 )(Amazon)にある。ただゲームの世界は変化が早いから,最新の状況は,丹念に業界情報を追う必要があるだろう。未読だが「All in One ゲーム業界」(廣瀬豪)(Amazon)は,刊行が最近で,新しい情報に基づいているようだ。

ゲーム開発を引っ張ってきた一人の「遠藤雅伸のゲームデザイン講義実況中継」(著者:株式会社モバイル&ゲームスタジオ)(Amazon)も少し古いが参考になるだろう。Kindle無料本の「ゲーム開発者の地図: 20年の個人開発から学んだこと」(著者:SmokingWOLF)(Amazon)をダウンロードしてみたが,何が書いてあるのかさっぱりわからないのでやめた。

その他,もう少し理解が進んだら,各論の本も読み進めよう。反対にゲームをコンテンツの一種として検討する「図解入門業界研究 最新コンテンツ業界の動向とカラクリがよくわかる本」(著者:中野明)(Amazon)も参考になるだろう。

上述したプログラミング,ゲームAI,ネットワークについては,「人工知能の作り方 ―「おもしろい」ゲームAIはいかにして動くのか」(著者:三宅 陽一郎)(Amazon),「人狼知能で学ぶAIプログラミング 欺瞞・推理・会話で不完全情報ゲームを戦う人工知能の作り方」(著者:狩野 芳伸他)(Amazon),「ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング」(著者:田中 賢一郎)(Amazon),「ゲームを作りながら楽しく学べるHTML5+CSS+JavaScriptプログラミング[改訂版]」(著者:田中 賢一郎)(Amazon)等が参考になる。

ゲームとルールについては,「組み立て×分解!ゲームデザイン―ゲームが変わる「ルール」のパワー」(著者:渡辺訓章)(Amazon)を材料に,ゲーム理論と対比して検討したいと思っている。

ゲームの世界は広大だが,人生は短い。

 

 

地方活性化を考える

「地方創生大全」(著者:木下 斉)を読む

地方活性化を真正面から論じている

今,人口が減少しつつある状況の中で,地方再生,地方創生が大きな課題になっていると言われるが,多分解決すべき問題は,都市だろうと,企業だろうと,国全体の経済であろうと,同じであろう。「地方」を「特殊」なものとして上から目線で論じること自体,無意味である。

「地方創生大全」(著者:木下 斉)(Amazon)は,長年,地方活性化のために活動してきた著者が,地方活性化のために何が必要で,何が不要かあるいは障害かを,ネタの選び方,モノの使い方,ヒトのとらえ方,カネの流れの見方,組織の活かし方という観点から,真正面から論じた本である。

ただ中心となる主張は極めて単純で,経済的に回る事業を,「すぐに」「自分で」始め,撤退も頭において,試行錯誤を繰り返す。実践と失敗から「本当の知恵」を生み出そう。観光客数ではなく観光消費を重視する。役人の立てる計画や補助金は「害悪」だ。

そして,マシンガンのごとく,「ゆるキャラ,特産品,地域ブランド,プレミアム商品券,ビジネスプランコンペ,道の駅,第3セクター,禁止だらけの公園,モノを活かせない「常識的」な人, 地方消滅論,人口減少論,,新幹線,高齢者移住,補助金,タテマエ計画, ふるさと納税, コンサルタント,合意形成,好き嫌い,伝言ゲーム, 計画行政,アイデア合戦」等々を撃ちまくる。

少し視点を抽象化し事前のマクロ的分析を加えれば,素晴らしい本になる

問題解決と創造

上述したように,地方活性化をやり遂げることの出来る力は,都市や企業,国全体の経済の問題にも通用するであろう。もっと言うと,個人の生活・文化・仕事の「問題解決と創造」でも同じである。いや地方活性化こそ,すべての試金石であるといってもいいであろう。

しかし本書は,地方活性化の世界の中であれこれ格闘するあまり,地方政策に関わる行政に対する「批判」だらけとなってしまい,その世界がいささか息苦しくなっている。行政の現実について,把握できている人にはいいが,行政に期待している人を遠ざけてしまうかもしれない。少し視点を抽象化して,個人,企業,政府すべての「問題解決と創造」の方法から始め,主たる論点を「地方政策」に収斂すれば,素晴らしい実践本になると思う。

「地元経済を創りなおす」の方法を取り入れる

もう一点,著者は,ネタの選び方について,行政,コンサルタント,合意,古い発想等々を厳しく批判し,自分の頭で考えろということであるのだが,何をターゲットにするか,その下調べはしたほうがいいだろう。

これについては「地元経済を創りなおす-分析・診断・対策」(著者:枝廣 淳子)(Amazon)が,地域経済からお金の漏れをふさぐという観点から紹介する「産業連関表を用いる方法、地域経済分析システム(RESAS) を用いる方法、英国トットネスで行った「地元経済の青写真」調査、LM3という地域内乗数効果を見る方法、そして、より手軽な方法として、買い物調査や調達調査など」は下調べとして参考になる(ただし,同書の「漏れ穴をふさぐ」という方法論は一人歩きすると危険だと思うし,行政と民間を区別する視点に乏しいこと,また「成功事例」の紹介が安易であること等あって,なお検討の余地がある。)。マクロ経済の視点も,そこで自足しない限り,役に立つ。

地方創生への批判

今進められている「地方創生」には批判が多い。この問題は,中央政府と地方政府の「権力構造」,過去の地方政策の失敗等々も絡み,なかなか複雑な問題だ。

「地域再生の失敗学」(著者:飯田泰之他)(Amazon),「地方創生の正体-なぜ地域政策は失敗するのか」(著者:山下祐介,金井利之)(Amazon)等の学者本も読み応えがあるが,「地方創生大全」+「地元経済を創りなおす」の方法で問題を理解して読み進めると,これらの著者らが何をわかっており,何がわかっていないかが,浮かび上がってくるようだ。

詳細目次

続きを読む “地方活性化を考える”

久しぶりの投稿

一ヶ月ぶり

ここしばらくの間,時間を取られる仕事が続き,記事を作成できなかった。今見ると前回記事を投稿してから1か月近く間が空いている。その間,涼しい夏から始まったものの,猛暑,台風,暴風雨が続き,やはり地球湯温暖化を前提として対処していかなくてはならないのかなというのが多くの人の実感だろう。

前回の投稿後も,次の記事の作成に向けてあれやこれや本を読んだり,購入をして準備はしていたから,全く手付かずだったのは,半月ちょっとだろうか(それでも購入本だけは増えていくが。)。

どんなことをやりかけていたか,取り急ぎ,思い出さないと半月もたつと忘れてしまう。

「問題解決と創造の方法と技術」の基本書の追加

まず「問題解決と創造の方法と技術」の基本4書として,「問題解決入門」,「創造はシステムである」,「アイデア大全」,「問題解決大全」をあげたが,「コンサルを超える問題解決と価値創造の全技法」(著者:名和高司)(Amazon)は題名があまりにもぴったりなので,ビジネス編としてを追加しようと思っている。

そして問題解決のためのインプット-プロセス-アウトプット(結果)という展開において,プロセスには介入できないということが前提だが,プロセスには物的なものだけではなく,人間の相互作用も含まれる。人間の相互作用を分析するのが「ゲーム理論」であるから,「問題解決と創造の方法と技術」としてTRIZだけでなく,「ゲーム理論」も組みこむべきであろう。「ゲーム理論」の本もたくさんあるが,ここでは岡田章さんの「ゲーム理論・入門 新版 人間社会の理解のために」(Amazon),「ゲーム理論ワークブック」(Amazon),「ゲーム理論 新版」(Amazon)を読み込み,基本書に追加していきたいと思っている。

社会的課題を解決する

「コンサルを超える問題解決と価値創造の全技法」には,社会的課題の解決として「ボストン コンサルティング グループ出身の社会思想家としては,アンドリュー・ウィンストン氏の活躍が注目される。かれは最新書『ビッグ・ピボット』で環境問題,資源問題,企業責任(村本注:簡単に言えば,暑い,足りない,隠せないということだ。)という三つの社会課題を解くための包括的なアプローチを提言している」と紹介されている「ビッグ・ピボット」(著者:アンドリュー・S・ウィンストン)(Amazon),あるいは,一度取り上げたことのあるマイケル.E.ポーターの「経済的価値と社会的価値を同時実現する 共通価値の戦略」(本の森)等も取りあげられている。両書とも私好みだ。今までは,企業が社会的課題の解決に取り組むと言っても嘘っぽいだけだったが,確かに,「暑い,足りない,隠せない」時代の中でそんな事は言っていられなくなったのだろう。

社会的課題としての「地方再生」

我が国における社会的課題として解決が望まれる大きな問題のひとつは「地方再生」である。そのため,国レベルで,地域再生法や,まち・ひと・しごと創生法等が立法され,多額の交付金が流れているが,その現状にも批判も多い。

「地方再生」のためのプレーヤーは,「地方政府」「中央政府」「地方企業」「住民」「中央企業」というところだろうが,「中央政府」「中央企業」が,国全体の経済について将来像を切り開けず迷走する中で,「地方政府」「地方企業」「住民」がする「地方再生」がうまくいかないと言って「監督」できるというのは,思い違いである。国全体の経済については現にうまく行っている国があるのだから,我が国の「中央企業」と「中央政府」の振る舞い方がまずいのだというこはよく分かるが(ただ,簡単なことだと言っているわけではない。),人口減少,経済の大きな変容の中で,「地方再生」をうまくいかせるのは至難の業だ。それをふまえてこれからどうすべきかが問題である。大都市の「町内会」も含めて地方だとすれば,どこにも課題がある。

ここでも初回すべき本が何冊かあるか,これは独立した問題だから別途紹介しよう。

価値創造と自立

個人が抱える生活・文化・仕事の「問題解決と創造」,さらには社会的課題の解決を行うためには,自戒を込めて言うのだが口先ばっかりではなく,「問題解決と創造の方法と技術」を身に付けてこれを駆使し,価値創造を実践し,それによって自立することが重要だとつくづく思う。

もちろん人は相互に影響作用し,相互に依存しているが,いつも何かに頼りっぱなしで自立できないのでは,少し困難な問題に直面すると,問題の解決ができなくなってしまう。中央の,政府も,企業も,立派なことを言うけれども,実態は,過去のストックや権力,権威に依存し,自立できておらず,困難な問題に直面すると,解決できないことが多い。

価値創造を行い,それによって自立するためには,昔取った杵柄は横に置き,新しいことを身に付け,発信していくことが必要不可欠であろう。そのための道筋をどうつけるか。

自立への道筋

思い返せば,私もずいぶん長い間弁護士の仕事をしてきたが,あまり仕事疲れしてなくて,仕事に限らず新しいことには興味を持つ方だ。

これについては,以下の4冊の本で流れをつけることができそうだ。

最近,「LIFE SHIFT」(著者:リンダ・グラットン, アンドリュー・スコット)(Amazon)という本があり,人生100年だから,学び直しとスキルの再習得が重要だということが強調される。そこで「マインドセット」(著者:キャロル・S・ドゥエック)(Amazon)が重要で,「硬直マインドセット」ではだめで,「しなやかマインドセット」が必要だということになる。

次に「しなやかマインドセット」に基づいてどのように学び直しとスキルの再習得をすればいいかについて「Learn Better」(著者:アーリック・ボーザー)(Amazon)が科学的に説明している。これは学習本としてなかなかの良書だ,要約箇所をあげよう。

「①価値を見いだす:学びたいと思わなければ学ぶことはできない。専門知識を習得するには,そのスキルや知識に価値があるとみなさなければならない。さらに,意味づけを行わなければならない。学習とはすなわち対象の意味を知ることである。②目標を設定する:知識を習得する初期の段階においては,集中が重要だ。何を学びたいのかを厳密に見きわめて,目的と目標を設定しなければならない。③能力を伸ばす:練習にも,他人と差がつく力をつけられるようなものがある。学習のこの段階では,スキルを磨き,パフォーマンスを向上させるためにそのことに特化した手段を講じる必要がある。④発展させる:この段階では,基本から踏み出して,知識を応用したい。スキルと知識に肉付けして,より意味のある形の理解を形成したい。⑤関係づける:すべてがどう噛み合うかがわかるフェーズである。私たちは結局,個別の事実や手順だけを知りたいのではなく,その事実や手順が他の事実や手順とどう関わり合うかを知りたいのだ。⑥再考する:学習には間違いや過信がつきものだから,自分の知識を見直し,自分の理解を振り返って,自分の学習したことから学ぶ必要がある。」。

学び直しとスキルの再習得について,アウトプットという観点から細かい技法を説明したのが「学びを結果に変えるアウトプット大全」(著者:樺沢紫苑)(Amazon)である。これは参考程度でいいだろうが,著者が本の中に書いてあるとおりの成果を上げているのだとすれば,参考にするに足る。

ここに上げた本はみんなベストセラーのようで,誰も学び直しとスキルの再習得の必要性を痛感しているということだろう。

隠せない時代

もう一つ関心事を上げておこう。

今は,戦後続いてきた理性尊重の時代から,米日の政府トップがそうであるような感情の時代だ(「経済の不都合な真実」(著者:ルディー和子)(Amazon)。それはそういうものとして捉え,対処するしかない。そういう中で,心の闇と憎悪がネット上で荒れ狂い,情報は隠せず(「炎上と口コミの経済学」(著者:山口真一)(Amazon),検索行為というビッグデータを通じて人の行動が明らかになりつつある(「誰もが嘘をついている」(著者:セス・スティーヴンズ=ダヴィドウィッツ)(Amazon)。これも同時代を知るという意味では,とても重要だし興味深い。

事程左様に新しい問題が押しかけつつあるので,もう一度態勢を整理しよう。

 

 

行政書士がする仕事の分野のお勧め本

行政書士の仕事

行政書士の業務は,行政書士法第1条の2,3に規定されているが,私は運転免許も持っていないので,これまで接触したことはなかった。ただ,業法の免許について細かい処理をしているのだろうということは想像していた。

行政書士のための法律実務書2冊を読む

最近,「要件事実」について若干調べていると,Kindle本に日本行政書士会連合会中央研修所編の「行政書士のための要件事実の基礎」という本があることを見つけた。「民事訴訟編」と「行政訴訟編」に分かれていて,「行政訴訟」についての要件事実を検討しているという内容なので購入してみた。目を通すと「民事訴訟編」はやけに分かりやすい。「行政訴訟編」はこれで要件事実の検討として充分なのかは今後検討したい。

さらに同じ編者の「行政書士のための行政法」というKindle本もあり,「総論」で行政法総論,行政手続,行政不服審査,行政事件訴訟等を取り上げているほか,「各論」で「道路運送法」,「道路運送車両法」,「土地利用関係法」,「廃棄物処理法」,「建設業法」,「出入国管理及び難民認定法」,「農地関係法」,「風営法」を取り上げている。各論は,司法書士が現に行っている許認可手続の分野の法令について,その概要,判例等で問題となった紛争事例を取り上げて説明しており,その分野の全体像の把握に最適だ。

両書ともお勧めしたい。

「行政書士のための要件事実の基礎」(日本行政書士会連合会中央研修所) (Amazon・本の森)

「行政書士のための行政法 第2版」(日本行政書士会連合会中央研修所) (Amazon・本の森)

 

 

「裁判と事実認定を考える」を作成しました

裁判と事実認定を考える

「裁判と事実認定を考える」の固定頁の第1稿を作りました。大項目の「裁判」の「裁判制度について」(以下に,引用します。)に続いて「日本の民事裁判制度」,「弁護士業務から見た民事裁判制度」を検討し,大項目で「事実認定」を取り上げています。「法を問題解決と創造に活かす」ために,立法のあり方(「立法と法解釈を考える」)と並び,私が最も力を入れて考察したいところです。固定頁の「裁判と事実認定を考える」は適宜改定されますので,そちらをご覧下さい。

立法と法解釈を考える」「法制史・外国法」にも手を入れました。

裁判を考える

裁判制度について

裁判は,古来からかなり普遍的に見られる制度であるが,その具体的な内容は,地域,時代によって相当に異なる。これらは法制史として検討されている,ただし,現在,その差異は,相当程度,縮まっていることは間違いないが,それでも他国の裁判制度を,そこで適用される法令も含めて理解することはそう簡単ではない。

ただ裁判制度のように,関係者に対して具体的な影響があることを理解しつつ,その方法を意識して事実を認定し,判断する機会(制度)は多くはないから,それなりに優れた制度として検討の対象となることが多いのは,理解できる。ただ裁判制度を論じる人はどうしても「焦点効果」にとらわれ,たかだか政府の1部門である司法機関が,持ち込まれた案件についての対応の問題であることを見失い,過大評価することが多い。確かにしっかりした法制度,裁判制度が機能していることが秩序維持や経済発展のために重要であることが指摘されているが,裁判所が世の中をよくしたり,経済発展させたりするわけではない。

裁判制度を考察する視点で重要なのは,その論理性と科学性である。参考本として次の2冊を挙げておこう。

「法廷に立つ科学 「法と科学」入門」(著者:シーラ・ジャサノフ) (Amazon・本の森)

「武器化する嘘 情報に仕掛けられた罠」(著者:ダニエル・J・レヴィティン) (Amazon本の森

一般に刑事裁判の方がなじみがあるが,これには複雑な要素・考慮が含まれるので,まず民事裁判を取り上げよう。

(以下,省略)

 

 

 

形に走る私-中身と形の相克

中身

暑いから自然好きの私も家にこもり,このWebをいじって時間をつぶすことが多くなる。もちろん,記事の充実を目指すべきだ。

このWebをだれが見に来るんだろう。数はどれだけかわからないが,法律について知りたい,弁護士に困り事を依頼した方がいいかと思ってたどり着く人もいるだろう。そういう人のために,「弁護士業務の基本」,「弁護士業務の展開」の項目(メニュー)に,せっせと役に立つ記事を作って載せよう。自分のためにもなる。

弁護士業務の基本」の「法律相談と弁護士への依頼」には一応記事が揃ったが,もう少し読みやすくしよう。「市民の法律問題」,「中小企業の法律問題」の充実はこれからだ。

弁護士業務の展開」の「新しい法律問題」には,当面「ジュリスト」を読み込んで,参考になる記事を紹介しよう。「分野別法律問題の手引」もおおよそ項目は揃ったが,内容はこれからだ。「法を問題解決と創造に活かす」では,まず「裁判と事実認定」に取り掛かろう。

そういう分野よりも「問題解決と創造の頁」に興味のある人もいるだろう。でも,やることは無限だ。次は,「動物と植物」,「地方政府」,「分業:国際経済」あたりから取り掛かろう,それにしても暑いなあ。

でも,形をいじるのも面白い

私はエイヤッと「レイアウト」を変えてから,どんどんこのWebの形をいじり始めた。

とりあえず,固定頁や投稿のカテゴリーとタグがグチャグチャになっていたので,固定頁やカテゴリーをドラッグ・アンド・ドロップで並び替え,整理できるプラグインを使い,整理した。タグはこれからだ。

サイドバー(画面の大きいパソコンだと右側)の最上部に検索を,次いで翻訳を置いた。Google翻訳は,本当にたくさんの言語についてあっという間に翻訳できてすごいなあ。でもこの機能は誰が使うんだろう。

検索は一般的なものを置いていたが,使っても何が何だかわからないので,キーワードで検索すると,選択によって関連性,新しい順,古い順に並び,それぞれのカテゴリーの記事数も表示されるウィジェットを置いた。しかも,検索されたキーワードは黄色でハイライトされる。これまではどこに検索したキーワードがあるのか分からなかったので,これは画期的だ。

ついでに今日は悪乗りして,サイドバーの一番下に「ラジオ体操」の動画を配置した。少しは体を使おう。

といっても私が何か特別なことをするわけではなく,WordPressに用意されたウィジェットや公開されているプラグインだけでできるのだから,びっくりだ。おもしろいよね。