方法論の基礎

問題の所在-「方法論の基礎」を考える

「問題解決と創造の方法」では,複雑なシステムに生じる事象の,原因,結果とその因果関係を記述,モデル化し,ある入力(働きかけ)によって目標とする結果を実現する方法を検討しているが,その(基礎となる)方法論とは何であろうか。

Ⅰ:人は,複雑なシステムである世界(事象)を(実験によって)観察・把握し,論理的に思考・分析して,原因と結果とその因果関係を記述・モデル化・評価し,「問題解決と創造」につなげる。Ⅱ:ただしこの過程には,様々な誤りが紛れ込むが,その原因の多くは,人間が進化の過程で得た認知,意思決定のありようそのものにある。

まずⅡの問題を,「進化論・脳科学」,「認知科学・心理学」で検討する。

そしてⅠの,論理的な思考・分析は,「言語と論証」,「哲学」,「論理学・数学・統計学」,「コンピュータ科学」で検討しよう。

複雑なシステムである世界の記述・モデル化は,「複雑系科学」,「社会科学方法論」,「ビッグヒストリー」,「システム科学」,「行動分析学」,「ゲーム理論・経済学・制度論」で検討する。

問題解決と創造」は,「デザイン思考」,様々なアイデア論」,「その他」で検討することになう。

ただし,これらは,暫定的な分類であり,流動的であるし,今後,本お大幅な追加,入れ替えもあるだろう。。

「方法論の基礎」の展開

「方法論の基礎」への助走

「方法論の基礎」となる個別の方法論を検討する前に,これらのうちの複数の方法論を横断的に検討している次の4冊を,「方法論の基礎」への頭ならし,助走と挙げておく。

  • 「知ってるつもり-無知の科学」(著者:スティーブン スローマン, フィリップ ファーンバック)(Amazonにリンク
  • 「武器化する嘘-情報に仕掛けられた罠」(著者:ダニエル・J・レヴィティン)(Amazonにリンク
  • 「原因を推論する-政治分析方法論のすすめ」(著者:久米郁夫)(Amazonにリンク
  • 「物事のなぜ-原因を探る道に正解はあるか」(著者:ピーター・ラビンズ)(Amazonにリンク

前2書の「「知ってるつもり」と「武器化する嘘」は,「人の知能・思考がとらえる世界とは何か-方法論の基礎」で簡単に取り上げた。

「原因を推論する」は,政治(公共政策)を主たる対象とするが,方法論は,意識的で,内容もしっかりとした客観的なものなので,安心して読むことができる。本書からの広がりもある。ただし,「人間の認知の限界」という視点は乏しいようである。

一方,「物事のなぜ」は,「原因,結果とその因果関係」を主題とし,古今の哲学者,科学者の主張を様々な事象に適用して網羅的に検討し,因果関係の論理を表す3つの概念モデル(断定型,確率型,創発型),原因の4つの分析レベル(発生を促す原因,発生させる原因,プログラム上の原因,意図による原因),原因を得るための3つの論法(検証型,叙述型,信仰型)にモデル化する。興味深いし,最後で行っている「Hiv/Aids」,「米国法」,「うつ病」の分析も優れていると思うが,「信仰型」の記述は若干疑問であるし,他者の諸書評によると,科学事象の記述に不正確なものがあるとのことで,有益なところだけ抜き取るという姿勢がいいのかもしれない。

「方法論の基礎」各論

各論では,当面最低限の数の本だけ挙げておき,随時増補することとする。なお現時点で挙げた本が,代表的な本とは,必ずしもいえない。

進化論・脳科学

  • 「進化とは何か-ドーキンス博士の特別講義」(著者:リチャード ドーキンス)(Amazonにリンク
  • 「進化とはなんだろうか」(著者:長谷川 眞理子)(Amazonにリンク
  • 「心の進化を解明する-バクテリアからバッハへ」(著者:ダニエル・C・デネット)(Amazonにリンク
  • 「進化の意外な順序-ー感情、意識、創造性と文化の起源」(著者:アントニオ・ダマシオ )(Amazonにリンク
  • 「タコの心身問題-頭足類から考える意識の起源」(著者:ピーター・ゴドフリー=スミス)(Amazonにリンク
  • 「進化論的世界観-」(著者:市川惇信 )(Amazonにリンク
  • 「メカ屋のための脳科学入門-脳をリバースエンジニアリングする」(著者:高橋 宏知)(Amazonにリンク
  • 「続 メカ屋のための脳科学入門-記憶・学習/意識 編」(著者:高橋 宏知)(Amazonにリンク
  • 「つながる脳科学-「心のしくみ」に迫る脳研究の最前線」( 著者:理化学研究所脳科学総合研究センター)(Amazonにリンク

「脳科学」の本については,「人:生活と行動」「生活と健康」「食動考休」「考」も参照してください。

認知科学・心理学

  • 「認知心理学 」(著者:箱田 裕司他)(Amazonにリンク
  • 「心と脳-認知科学入門」(著者:安西 祐一郎)(Amazonにリンク
  • 「意思決定の心理学-脳とこころの傾向と対策」(著者:阿部修士)(Amazonにリンク

言語と論証

  • 「情報科学のための自然言語学入門-ことばで探る脳のしくみ」(著者:畠山 雄二)(Amazonにリンク
  • 「言語ゲームが世界を創る―人類学と科学」(著者:中川 敏)(Amazonにリンク
  • 「議論の技法」(著者:スティーヴン・トゥールミン)(Amazonにリンク

哲学

論理学・数学・統計学

  • 「論理学をつくる」(著者:戸田山 和久)(Amazonにリンク
  • 「証明と論理に強くなる-論理式の読み方から,ゲーデルの門前まで」(著者:小島 寛之)(Amazonにリンク
  • 「入門!論理学」(著者:野矢茂樹)(Amazonにリンク
  • 「数学は言葉」(著者:新井紀子)(Amazonにリンク
  • 「改訂版 経済学で出る数学: 高校数学からきちんと攻める」(著者:尾山大輔他)(Amazonにリンク
  • 「経済学で出る数学-ワークブックでじっくり攻める」(著者:白石俊輔 )(Amazonにリンク
  • 「大学初年級でマスターしたい物理と工学のベーシック数学」(著者:河辺 哲次)(Amazonにリンク
  • 「統計学が最強の学問である」(著者:西内啓)(Amazonにリンク
  • 「計量経済学の第一歩-実証分析のススメ」(著者:田中隆一)(Amazonにリンク

コンピュータ科学

「コンピュータ科学」の本は,「PC・IT・AI技法」を参照してください。

複雑系科学

  • 「ソーシャル物理学-「良いアイデアはいかに広がるか」の新しい科学」(著者:アレックス・ペントランド)(Amazonにリンク
  • 「複雑ネットワーク -基礎から応用まで」(著者:増田 直紀)(Amazonにリンク
  • 「歴史は「べき乗則」で動く-種の絶滅から戦争までを読み解く複雑系科学」(著者:マーク・ブキャナン)(Amazonにリンク
  • 「人は原子、世界は物理法則で動く―社会物理学で読み解く人間行動」(著者:マーク・ブキャナン)(Amazonにリンク
  • 「市場は物理法則で動く―経済学は物理学によってどう生まれ変わるのか?」(著者:マーク・ブキャナン)(Amazonにリンク
  • 「偶然の科学」(著者:ダンカン・ワッツ)(Amazonにリンク
  • COMPLEXITY: A Guided Tour (著者:Melanie Mitchell)(Amazonにリンク

社会科学方法論

  • 「社会科学の考え方-認識論、リサーチ・デザイン、手法」(著者:野村 康)(Amazonにリンク
  • 「社会科学と因果分析:-ウェーバーの方法論から知の現在へ」(著者:佐藤 俊樹)(Amazonにリンク
  • 「モラルの起源-実験社会科学からの問い」(著者:亀田 達也)(Amazonにリンク
  • 「原因を推論する-政治分析方法論のすすめ」(著者:久米郁夫)(Amazonにリンク
  • 「創造の方法学」(著者:高根 正昭)(Amazonにリンク
  • 「原因と結果の経済学-データから真実を見抜く思考法」(著者:中室牧子)(Amazonにリンク
  • 「計量経済学の第一歩-実証分析のススメ 」(著者:田中 隆一 )(Amazonにリンク
  • 「ゲーム理論による社会科学の統合」(著者:ハーバート・ギンタス)(Amazonにリンク
  • 「データ分析の力 因果関係に迫る思考法」(著者:伊藤 公一朗 )(Amazonにリンク

ビッグヒストリー

「ビッグヒストリー」の本は,「138億年!!」を参照してください。

システム科学

「システム科学」の本は,「「行動分析学」と「システム思考」で世界を見る」」を参照してください。

行動分析学

「行動分析学」の本は,「「行動分析学」と「システム思考」で世界を見る」を参照してください。

ゲーム理論・経済学・制度論

ゲーム理論
  • 「ゲーム理論の思考法」(著者:川西 諭)(Amazonにリンク
  • 「戦略的思考とは何か -エール大学式「ゲーム理論」の発想法」(著者:アビナッシュ・ディキシット)(Amazonにリンク
  • 「戦略的思考をどう実践するか-エール大学式「ゲーム理論」の活用法」(著者:アビナッシュ・ディキシット)(Amazonにリンク
  • 「行動ゲーム理論入門」(著者:川越 敏司)(Amazonにリンク
  • 「ゲーム理論による社会科学の統合」(著者:ハーバート・ギンタス)(Amazonにリンク
経済学
ミクロ経済学
  • 「ミクロ経済学入門の入門」(著者:坂井 豊貴)(Amazonにリンク
  • 「ミクロ経済学-戦略的アプローチ」(著者:梶井厚志)(Amazonにリンク
  • 「ミクロ経済学の力」(著者:神取 道宏)(Amazonにリンク
  • 「実験ミクロ経済学」(著者:川越 敏司)(Amazonにリンク
マクロ経済学
  • 「マクロ経済学の核心」(著者:飯田 泰之)(Amazonにリンク
  • 「MONEY」(著者:チャールズ・ウィーラン)(Amazonにリンク
  • 「ゼロから学ぶ経済政策-日本を幸福にする経済政策のつくり方」(著者:飯田 泰之)(Amazonにリンク
  • 「実験マクロ経済学」(著者:川越 敏司)(Amazonにリンク
行動経済学
  • 「〔エッセンシャル版〕行動経済学」(著者:ミシェル バデリ)(Amazonにリンク
  • 「実践 行動経済学」(著者:リチャード・セイラー)(Amazonにリンク
  • 「愛と怒りの行動経済学-賢い人は感情で決める」(著者:エヤル・ヴィンター)(Amazonにリンク
  • 「ずる 嘘とごまかしの行動経済学」(著者:ダン・アエリー)(Amazonにリンク
制度論
  • 「現代経済学-ゲーム理論・行動経済学・制度論」(著者:瀧澤 弘和 )(Amazonにリンク
  • 「制度原論」(著者:ダグラス・ノース)(Amazonにリンク
  • 「制度・制度変化・経済成果」(著者:ダグラス・ノース(Amazonにリンク
  • 「経済史の構造と変化」(著者:ダグラス・ノース)(Amazonにリンク
  • 「青木昌彦の経済学入門-制度論の地平を拡げる」(著者:青木昌彦)(Amazonにリンク
  • 「比較制度分析序説-経済システムの進化と多元性」(著者:青木昌彦)(Amazonにリンク
  • 「制度とは何か-社会科学のための制度論」(著者:フランチェスコ・グァラ)(Amazonにリンク
  • 「社会制作の方法-社会は社会を創る,でもいかにして?」(著者:北田暁大)(Amazonにリンク
  • 「比較制度分析・入門」(著者:中林 真幸)(Amazonにリンク

デザイン思考

  • 「クリエイティブ・マインドセット-想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法」(著者:デイヴィッド ケリー,トム ケリー)(Amazonにリンク
  • 「デザイン思考が世界を変える」(著者:ティム・ブラウン)(Amazonにリンク
  • 「21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由 」(著者:佐宗邦威)(Amazonにリンク
  • 「エンジニアのためのデザイン思考入門」(著者:東京工業大学エンジニアリングデザインプロジェクト)(Amazonにリンク

様々なアイデア論

  • 「アイデア大全-創造力とブレイクスルーを生み出す42のツール」(著者:読書猿)(Amazonにリンク
  • 「IDEA FACTORY-頭をアイデア工場にする20のステップ」(著者:アンドリー・セドニエフ)(Amazonにリンク
  • 「アイデアのつくり方」(著者:ジェームス W.ヤング)(Amazonにリンク
  • 「アイデア・バイブル」(著者:マイケル・マハルコ)(Amazonにリンク
  • 「アイデアのちから」(著者:チップ・ハース、 ダン・ハース)(Amazonにリンク

その他

  • 「決断科学のすすめ-持続可能な未来に向けて,どうすれば社会を変えられるか? 」(著者:矢原 徹一)(Amazonにリンク
  • 「失敗学のすすめ 」(著者:畑村 洋太郎)(Amazonにリンク
  • 「失敗百選-41の原因から未来の失敗を予測する」(著者:中尾 政之)(Amazonにリンク
  • 「続・失敗百選-リコールと事故を防ぐ60のポイント」(著者:中尾 政之)(Amazonにリンク
  • 「続々・失敗百選 「違和感」を拾えば重大事故は防げる-原発事故と“まさか”の失敗学」(著者:中尾 政之)(Amazonにリンク