問題解決と創造の方法と技術

問題解決と創造の現場と思考

問題解決と創造の方法と技術を身につけ実践する前に,実践する現場(環境:自然とテクノロジー)について大まかに理解し,かつ創造の方法と技術を操作する主体である個人と組織の思考の特質(非合理性と合理的な推論と意思決定)について理解しておくことは意味あることだろう。もっともここに深入りすると,現場での問題解決と創造に至る前にそこをぐるぐる回りするけで終わってしまうということは,「知識人」,「教員」だけでなく「科学者」にもありがちなことだ。

現場(環境:自然とテクノロジー)を知る

現場(環境:自然とテクノロジー)を知るには,まず中学,高校レベルの「教科書」に目を通すのもよいが(ブルーバックスに「新しい高校の…教科書」シリーズ(Amazon)や,「発展コラム式中学の理科の教科書」シリーズ(Amazon)がある。),理科が苦手な大人向けに雑多な知識を集めたより読みやすい「入門書」に目を通すのがよいだろう。

そのような本はたくさんあるだろうが,たまたま私が最近購入したというだけだが「もう一度学びたい科学」(Amazon)からはじめてみよう。PART.1の「科学の大原理・大法則」は何とか分かるかな。PART.2の「ニュースがわかる科学の基本」の「生命の科学」,「気象の科学」,「エネルギーと環境の科学」,「宇宙の科学」だけでは全く物足りない。

まず1点目に「化学」分野はまったく抜けているので,ここは私の本棚にあった「ぼくらは「化学」のおかげで生きている」(著者:齋藤勝裕)(Amazon)でカバーすることにしよう。実際私たちの生活では「物理」はテクノロジーとして商品に封じ込められているので商品の使用法さえ分かればよいことが多いが,私のような「化学音痴」は,身の回りの物質のこと,食品のこと,生物の体のこと等々,なかなか理解するのが困難だ。炭素と水素が分かればまあいいか。

2点目に生命の歴史もない。そこで「系統樹をさかのぼって見えてくる進化の歴史 僕たちの祖先を探す15億年の旅」」(著者:長谷川政美 )(Amazon)の写真と曼陀羅図を楽しもう。ホモサピエンス代表は,著者のお孫さんだ。もっとも,本書には,真正細菌,古細菌ドメインには触れられておらず,最初の分岐は「シャクナゲとヒトの共通祖先」からだ。それについては,「たたかう植物 仁義なき生存戦略 」(著者:稲垣栄洋)(Amazon)の「植物vs.病原菌」に「トコンドリアと共生した生物の一部が,次にシアノバクテリアと共生して葉緑体を手に入れた。こうして,ミトコンドリアのみを持つ動物と,ミトコンドリアに加えて葉緑体を持つ植物が誕生したのである」とあり,イメージしやすい。もっともこの本の内容は豊富であり,植物,いや生命を理解するためにぜひとも一読すべきであるので追って紹介しよう(ただ類書は多い。)。

3点目に「地球の歴史,自然」もまったく不十分だ。これについては「地球とは何か 人類の未来を切り開く地球科学」(著者:鎌田 浩毅)(Amazon)が,まだ速読しただけだが,網羅的でよさそうだ。ただ過去の地震歴から,」2020年から2030年にかけて「関東中央圏での直下型地震」,「南海トラフ巨大大地震」が起こる可能性があるとしていて衝撃的だが,どうなんだろう。もう少し読み込んでみよう。

さて,以上に加えて「眠れなくなるほど面白い図解物理の話」(著者:長澤 光晴)(Amazon) ,「眠れなくなるほど面白い図解科学の大理論」(著者:大宮 信光 )(Amazon) には,もう少し突っ込んだ内容が記述されており,これらに親しみ,科学全体を通観できれば,しろうと科学者の端くれになれよう(なおこのシリーズには,化学,生物,宇宙等もあるが,内容,レベルはまちまちのようだ。)。

科学分野にはこれに引き続いて読むべき興味深い本は多い。「環境:自然とテクノロジー」(固定記事にリンク)に,少し紹介している。

個人と組織の思考の特質(非合理性と合理的な推論と意思決定)について知る

「不合理~誰もがまぬがれない思考の罠100」(著者:スチュアート・ サザーランド)

ここでは問題解決と創造の方法と技術を検討する前に,ヒトと組織(の中のヒト)の思考の特質(不合理性)について,丁寧にきちんと整理して論じている「不合理~誰もがまぬがれない思考の罠100」(著者:スチュアート・ サザーランド)(Amazon) をあげておきたい。著者は,サセックス大学の心理学教授であったが1998年に亡くなっており,本書の刊行は1992年で30年近い前である(しかしKindle本の刊行,翻訳等は最近行われているようだ。)。しかし内容は非常にしっかりしており,かつ著者の表現は機知に満ちていて,読んでいて楽しい。本書刊行後,ネットの普及等でヒトと組織(の中のヒト)の思考の不合理性は強まっているが,ネット普及前の「原型」はどうだったのかという観点から捉え,現状をその「変容」と見ればいいだろう。本書は近々「本の森」で紹介したいが,著者が「序章」で本書の構成について述べている部分だけも紹介しておきたい。

「こうした本では,序章の締め括りで,各章の要約を述べるのが約束事になっている。読者が本書を読まないでもすむように,ここで内容を要約するほど私は親切ではないが,全体の構成だけ簡単に説明しておこう。2章(誤った印象)では,人が判断ミスをおかす最もありふれた原因を述べる。その後に詳しく見ていく不合理な思考の多くにこの原因が絡んでいる。続く七つの章(服従,同調,内集団と外集団,組織の不合理性,間違った首尾一貫性,効果のない「アメとムチ」,衝動と情動)では,不合理な判断や行動をもたらす社会的要因と感情的要因を見ていく。10章から19章まで(証拠の無視,証拠の歪曲,相関関係の誤り,医療における錯誤相関,因果関係の誤り,証拠の誤った解釈,一貫性のない決断・勝ち目のない賭け,過信,リスク,誤った推理)は,事実をねじ曲げてしまうために陥る誤りを扱い,それに続く二つの章(直感の誤り,効用)では,手元にある情報の範囲内で,少なくとも理論上は最善の結論を出せるような方法を述べ,そうした方法で出した結論と直感的な選択とを比較して,直感がいかに当てにならないかを示す。22章(超常現象)では,それまでに述べてきた誤りのいくつかを振り返り,超常現象やオカルト,迷信がなぜ広く信じられているかを考える。最終章(合理的な思考は必要か)では,ヒトの進化の歴史と脳の特徴から,不合理な思考をもたらす根源的な素地を考え,併せて合理的な判断や行動を促すことが果たして可能かどうかを考える。そして最後(合理的な思考は必要か)に,「合理性は本当に必要なのか,さらには,合理性は望ましいのか」を考えてみたい。」。

なお著者は合理性について次のように言っている。

「合理性は、合理的な思考と合理的な選択という二つの形をとる。手持ちの情報が間違っていないかぎり、正しい結論を導き出すのが、合理的な思考だと言えるだろう。合理的な選択のほうはもう少し複雑だ。目的がわからなければ、合理的な選択かどうか評価できない。手持ちの情報をもとにして、目的を達成できる確率が最も高い選択が合理的な選択と言えるだろう。」。

「思考と推論: 理性・判断・意思決定の心理学」(著者:ケン マンクテロウ)

「思考と推論: 理性・判断・意思決定の心理学」(著者:ケン マンクテロウ)(Amazon) は,人間の実際の思考を踏まえて,合理的な推論と意思決定について検討した本である。著者は,イギリスの心理学者である。少し前に入手していたが,古典的三段論法,「ならば」,因果推論,確率的説明,メンタルモデル理論,二重過程理論,帰納と検証,プロスペクト理論等,感情,合理性,個人差や文化の影響がもたらす複雑さ等,幅広く検討していて,「思考と推論」を考える上では必須の本であると思っていた。ただ問題はここに入り込むと,出てこられなくなることである。ほどほどが大事だ。

問題解決と創造への出発

以上を踏まえた上で,問題解決と創造のために,どのように頭と心を働かせるべきなのか。

まずその➀基本となる方法について,問題解決については「「新版[図解]問題解決入門~問題の見つけ方と手の打ち方」(著者:佐藤 允一)を(「本の森」では未紹介),創造については,「創造はシステムである~「失敗学」から「創造学」へ」(著者:中尾政之)を(本の森の紹介)を出発点としたい。なお次に問題解決と創造の②基本となる技術について,「知的生産の技術」として議論されてきたこととその現時点での発展形を視野に入れて検討する。更にこれらの応用として,③「アイデア・デザイン・イノベーション」を検討する。③では,人の仕事や企業の経営として論じた方が適当と思われることも入れ込み,多様な問題を検討したい。

「問題解決入門」は「問題」を「目標と現状のギャップ」ととらえ(後記「問題解決大全」によると,これは,ハーバート・A. サイモンが,言い出したらしい。),原因となる「入力」,「制約条件」,「外乱(不可抗力)」が影響する「プロセス」を経て,結果となる「出力(現状)」が生じるという「問題構造図式」を提示する。これをふまえ「入力」,「制約条件」をコントロールすることで,問題解決を考えようというのである。

「創造はシステムである」は,「創造」(自分で目的を設定して,自分にとって新しい作品や作業を,新たに造ること)の過程を,「思い」(願望)→「言葉」(目的)→「形」(手段)→「モノ」(アクションプラン)ととらえ,まず「目的」を言葉として設定することが重要だとする(これが「出力」となる「結果」である。)。そしてその「原因」となる「入力」「制約条件」等を<「形」(手段)+「モノ」(アクションプラン)>と捉え,その具体的な内容を「思考演算子」を適用して検討,選択し,「目的」を実現していく(本の森にリンク)。

なおこれに止まらず「問題解決と創造」を実現する観点から考え出された様々な技法がある。それらの主要なものが「アイデア大全」,「問題解決大全」で,丁寧に検討されている。上記2書にこの2書を加えた4書を基本となる方法としよう。そのためまず4書の詳細目次(問題解決と創造の方法」基本4書の詳細目次)を作成した。これを見ているだけでも頭の整理になる。

特に「「問題解決大全」では,問題解決の手法をリニア(直線的) な問題解決とサーキュラー(円環的) な問題解決の2つに大別して取り上げた上,問題解決の過程を大きくは4段階,詳細には14段階に整理し,それぞれに該当する技法を紹介している。①問題の認知(目標設定,問題察知,問題定義,問題理解),②解決策の探求(情報収集,解の探求,解決策の改良,解決策の選択),③解決策の実行(結果予測,実行計画,進行管理),④結果の吟味(結果の検証,反省分析,学習・知識化)である。上記2書を十二分に補完する内容となっている。

ただ最初から「あれもこれも」は失敗に直結だ。方法は一つに絞り,それで行き詰ったときに他の方法を参考にするのがよい。だから当面,佐藤-中尾路線を取ろう。

領域によって方法を深化させよう

ところで上記2書,4書の内容は,経験の集積という方が正しく,「方法論の基礎」,「IT・AI」で,論理的,科学的に捉え返す必要がある。具体的には,論理学・数学・統計学,哲学・自然言語学・外国語,認知科学・脳科学・心理学,進化論,経済学・行動経済学,ゲーム理論,経営学,社会学,複雑系科学,複雑系ネットワーク等々が組み合わせて利用される。

問題解決と創造の対象となる「人の生活・文化・仕事」「企業」「政府」「環境」「社会・経済・歴史」の5つの領域・要素では,それぞれ少しずつ異なった科学的な方法(あるいは経験論に科学的手法を組み込んだもの)が活用されている。「環境」では自然科学的な方法が,「社会・経済・歴史」や「政府」(公共政策)では,社会科学的な方法が用いられてきたが(当面,「創造の方法学」,「原因を推論する」,「原因と結果の経済学」,「計量経済学の第一歩」,「社会科学の考え方」,「ゲーム理論による社会科学の統合」等の書名だけを挙げておく。),進化論,行動経済学,ゲーム理論,複雑系科学,複雑系ネットワーク等が新しい分析を試みている。。

人間の行動(生活や仕事)についての問題解決はどうしようか

ところで人間の行動,とりわけ自分自身の行動を対象とする場合に「問題解決」についてどのような方法が最適かということが問題となる。経営分野も上記の方法だけでは済まない。「問題解決入門」は経営マターを,「創造はシステムである」は,モノの設計,製作を,主たる対象としているが,もちろん,他への応用を意図している。しかし,多少「応用」する必要がある。したがって生活と仕事については,上記2書を基本としつつ,もう少し,方法の範囲を広げたい。

生活と仕事について,私は「充実」という言葉を使ってきたが,それを「幸福」とし,「幸福」とは「experiences of pleasure and purpose over time」(快楽とやりがいの持続)と定義して考察している「幸せな選択,不幸な選択~行動科学で最高の人生をデザインする」(著者:ポール・ドーラン)(Happiness by Design: Finding Pleasure and Purpose in Everyday Life :Paul Dolan)を取り上げて,検討しよう。

いささか恥ずかしい題名だし,著者の論の進め方,表現に読みづらい点があるのだが(どうも翻訳はしっくりこない。例えば,原書の第2部「Delivering happiness」は,「Deciding happiness 」「Designing happiness」,「Doing happiness」,「Decide,design,and do」,「Conclusion」という構成で,とても分かりやすいのだが。),行動科学(行動経済学)を踏まえ,しかもカーネマンの序文までついていたので,急遽これをメインにしようと乗り換えてみた(なおカーネマンは,「幸福」→「主観的幸福感」,快楽とやりがい」→「よろこびとやりがい」としていていて,はるかに受け入れやすい。)。つかえるといいのだが。

ただチャールズ・デュヒッグというジャーナリストの,「習慣の力」(The Power of Habit)(「アルコール依存症が治せるようになったのも、まったく売れなかった「ファブリーズ」が突然ヒット商品になったのも、スターバックスがスタッフを責任感の強いリーダーに育て上げるプログラム開発に成功したのも、全部「習慣」がカギになっていた!人間の行動の4割は「習慣」でできている。「良い習慣」を増やし、「悪い習慣」を減らせば、人生は知らず知らずに好転する!」と紹介されている。)や「あなたの生産性を上げる8つのアイディア」(SMARTER FASTER BETTER)(本の森にリンク)は,「問題解決と創造」から発想したわけではないかもしれないが,結果的にこの分野の優れた書になっている。

あとこれも少し恥ずかしい書名だが「仕事・お金・依存症・ダイエット・人間関係 自分を見違えるほど変える技術 チェンジ・エニシング」等もとりあげたいと思っている。このようないわゆる自己啓発本まで手を広げれば範囲は無限に広がるだろう。

問題の所在②-基本となる技術(知的生産の技術)

「知的生産の技術」で論じられてきた基本となる10冊を紹介したKindle本に「知的生産とその技術 Classic10選」がある。

その発展形にはいろいろあるので今後,詳細に紹介したい。とりあえず「ライフハック大全」を紹介しておこう。

流れは,デジタル情報の処理にいくのだが,どうも手書きのメモが,本の理解にも,記憶にも有効なのではないかという流れもある。そういう気もしている。

問題の所在③-応用としてのアイデア・デザイン・イノベーション

ここでは,人の仕事や企業の経営として論じた方が適当と思われることも入れ込み,多様な問題を検討したい,なすべきことは山のようにある。どういうふうに整理していくかは,今後検討していきたい。

考察-問題解決と創造の方法と技術

以上を踏まえて考察を深化させていきたいが,ここではこれまで作成した「問題解決と創造の方法」に関係する投稿記事を紹介しておこう。

問題解決と創造(投稿)について

下位メニューの「問題解決と創造(投稿)」には,「問題解決と創造の方法」に関連する投稿が時系列順に掲載される。大切なのは,森羅万象について次々に起こりつつある自然科学,社会科学の知見を,美的感覚を研ぎすましてアイデアや「問題解決と創造」に結びつけることであろう。

参考本

ところで,アイデアの湧出を活性化するアイデアツールを集めた本を整理した「アイデア倉庫」を作成している(内容によって「アイデア・デザイン編」,「IT・AI編」,「経営編」,「心身の向上技法編」,「世界の構造と論理編」,及び「冷水編」に分けている。)。「方法論の基礎」,「AI・IT」との関係もあるが,当面, ここに載せておく。重要な本については,「本の森」で紹介していきたい。